恋愛結婚

時々日本という国が嫌になることがある。
それは自分の奥さんのことをけなす男に会った時だ。

そして、彼らはほとんど例外なく、「結婚は人生の墓場だ」みたいな説を展開する。結婚前と結婚後で妻が如何に豹変したかを語りたがる。もう何日妻と会話を交わしていないかを自慢する。もっと興が乗ってくれば、妻とセックスするのが如何におぞましいかをこと細かに解説してくれる。

私は他人から「やまえーさん夫婦は本当に仲が良さそうですね」と言われる。私と妻の関係をむしろ異常視する人もいるようだ。「何故そんなに仲が良いのですか」と真剣に問いかけてくる人もいるが、そういう時私は「うちは恋愛結婚だから」と答えるようにしている。

そう、多くの人が「恋愛結婚だった」、つまり「好き合って一緒になった」はずなのである。今の世の中、好き合って一緒になった二人が気まずくなるのが普通で、仲が良いままなのは異常なのだろうか?

もっとも、どちらが正常でどちらが異常かを議論したって始まらない。

愛し合った二人が気まずくなることは現実にある。我々夫婦だって気まずくなることはあるが、幸いその気まずさが長続きしないだけだ。中には気まずくなったまま修復不可能な域に達することもあるだろう。そして、修復不可能になっているのに別れる訳には行かないというケースも現実にある。

だが、それはあんたの失敗であって私には関係がない。

別に、「正しい選択をした私は偉い。選択に失敗したあんたはダメな人だ」などという気はない。私は単に運が良かっただけなのかもしれない。

ただ、私は「あんたの失敗は決して結婚一般ではない」と言いたいだけなのである。

妻の悪口を言う男は、往々にしてそれが世界の真理であることを前提に語り始める。そして必ず彼に同意する別の男が現れる。

「そうそう」と彼は続ける。そして彼の妻が如何にぐうたらか、あるいはどれほど気が強くて手に負えないか、どんなに我がままか、等々。そして、聞いている奴らの笑い声・・・。

私には彼ら全員が心の底からそう感じているとは思えない。別の話の中で彼らの妻が話題になった時、あるいは実際に彼らの家に招かれた時、その夫婦がお互いそんなに相手のことを疎ましく感じているとは信じられないのである。

アメリカ人は人前で家族をけなさない。それに対して、日本人はとかく身内のことを悪く言う。それはある意味で謙譲の美徳であるのかもしれない。そして、けなすかけなさないかは実際の夫婦関係がどうかということではなく、単にそれをどう表現するかという違いだけなのかもしれない。

でも、人がけなされるのを聞くのはそんなにいい気分ではない。

私はこの先たとえ妻と気まずい関係になってしまっても、多分人前で妻をけなすようなことはしないだろうと思う。「結婚なんて所詮そんなもんだ」みたいな訳知り顔の高説も垂れないと思う。

いやしくも恋愛結婚であったのなら、せめてそのくらいの気の遣い方があっても良いと思うし、結婚前の全ての若い男の夢を打ち砕こうとするのは単なる悪趣味であると思うからである。

あまり言うと嫌がられるが、私は自分が生涯やってきた様々な決断の中で、結婚の決断が一番適切にできたと思っている。

多少他人から嫌われても、時々はこういう形で、「結婚全般が失敗に帰結する訳ではない」ということを少し声高に言うようにしている。

でも、それを言うと結構白い目で見られることが多い。
そんな時はやはり日本という国が嫌になってしまうのである。

Copyright©yama-amark【essayistnet掲載】

目次へ 次作へ 前作へ