No kids, no kidding

さすがに最近は聞かれることがなくなったが、結婚してしばらくは会う人ごとに「子供はまだ?」と聞かれた。

私はこの質問が頻発されるという現象について、2つの点が不思議でならない。

  1. このステレオタイプは何だ?
  2. この不用意さは何だ?

1)のほうは改めて説明するまでもないだろう。「結婚→子供」という、この旧態依然たる価値観を何故これほどまで多くの人が保持しているのだろう?

そして、2)のほうは、「もし夫婦のうちのどちらかが所謂『子供のできないからだ』だったらどうしようか」とは思わないのだろうか、という驚きである。さぞかしバツが悪かろう。言ってからでは取り返しがつかないはずなのだが…。

それでも初対面で「で、お子様は?」と聞いてくる人がいる。初対面で「で、最終学歴は?」とか「で、年収は?」とか聞かれたことがないのに、この問いだけは頻繁に受ける。

「まだです」とか「いません」と答えると、急に申し訳なさそうに口ごもる人がいる。逆に「なんで?」と追い討ちをかけてくる人もいる。こうなると「不用意」を通り越して「失礼」の領域に入ってくるが、私の知人はそういう質問を受けた時に「ん? だって、中に出してないもん」と答えていた。ここまでの答え方ができれば逆襲は成功である(もっとも私にはできないが…)。

「ちゃんとやることやってる?」などと聞かれることも多かった。余計なお世話だが、でも、こういう語り口にはまだ茶目っ気があって救われるというものだ。

取引先の某一部上場企業の宣伝課長であったK氏にこんなことを言われたことがある。

K:「やまえーさん、子供はできましたか?」
私:「いえ、まだ…」
K:「早く子供をお作りなさい。人間は子供ができて初めて一人前です」

私は「えらいことを言いよるなあ」と思いながら、「はあ」などと曖昧な相槌を返していると、

K:「私は子供ができて初めて、世の中の全てのことが自分の思い通りにはならないことが解りました」

私は、やっぱり「はあ」などと曖昧な相槌を打っておくくらいしかできなかったのだが、しかし、この発言を聞いて初めて、これほどにおめでたい人がいることが解った。
「お前は子供ができるまでそんなことも解らなかったのか!」

まあ、もちろん意味するところは解る。小さな子供のある人に話を聞くと、子供という奴は、こちらが疲れていようが忙しかろうがお構いなしに纏わりついて来たり病気になったりするとのことだから、そりゃあ大変なのだろう。子供のない私には実感できるはずがない。

しかし、「世の中の全てのことが自分の思い通りにはならない」ということは、できれば中学時代くらいまでに実感しておいてほしいものだ。

話を元に戻そう。

とにかく子供のいない夫婦にとって、この「子供はまだか」攻撃は結構鬱陶しいものだ。

私もなんとかうまくかわそうとしていろんな答えを試してみた。

最初は皇太子殿下の真似をして「コウノトリの機嫌がよろしくないようで」などと言っていたのだが、この答えはあまり受けがよろしくなかった。

結局、最終的に定着した答え方はこうだった。
「ええ、イマイチ作り方がよく解らないもんで…」

巧い間の取りかたさえ身に着けてしまえば、この答えは間違いなく受けた。一旦受ければ話は流れてゆく。なんなら「どうも学校で習わなかったことはうまくできないんですよ」などと重ねてゆくと、(その答えのパターンが私の個性と一致しているからだろうが)どっと笑いが起こって話は他所にそれて行く。

固定観念にどっぷり浸かってしまっている人、考え方が足りない人、失礼な人――そういう人たちに正面から反駁して行くのは骨折り損のくたびれもうけになる可能性が高い。

会話のテクニックでかわしてしまうのが一番楽なやり方かなあ、と思うのだが、たまには正面切って主張してみようかなと思い、こんな文章をしたためてみた。

Copyright©yama-amark【essayistnet掲載】

目次へ 次作へ 前作へ