考えない者の責任

ここ数年政治家や官僚の不祥事が途絶えることなく続いている。

いや、単に我々の記憶が風化しているだけであって、なにもここ数年のことではないのかもしれない。冷静に考えてみれば政治家や官僚は大昔から悪事ばかりを働いてきたような気さえする。

それに加えてここのところ立て続けに起きた諸企業の不祥事である。賞味期限のごまかし、検査結果の隠匿や捏造、虚偽の報告…。

そんなことをしても長期的には何の得にもならないことは少し考えてみれば明らかなはずだ。一体企業のトップはちゃんとものを考えているのだろうか?

現代の世の中はこのようにろくでもないことばかりを考える奴らとろくにものを考えない奴らに牛耳られているような気がする。

しかし、それは一体誰の責任なのだろうか?
私は敢えて言う。それは我々自身の責任であると。

我々はものを考えていない──そうじゃないだろうか?
例えば我々は政治のことを考えない。経済のことがわからない。たとえ考えても、たとえ自分なりの考えを持つに至っても、自ら社会に働きかけてそれを変えて行こうというエネルギーに欠けている。

「そういうことは偉い人が考えるだろうから…」

そんな台詞を口にしてはいないか?

「偉い人」って誰のことか? 政治家か? 経営者か?
偉い人だけに決断を委ねてしまうからそこに利権が生まれる。偉い人に進言しないから、偉い人はついつい自らの保身や目先の利益のことだけを考えて結論を出してしまう。

「そんなこと言ったって、俺に何ができるだろうか?」
「自分ひとりでできることは限られている」

それは事実だ。しかし、「ともかく自分にできることからやろう」という気概さえ持っていないのではないか?

それは例えば汚職事件を起こした議員を再選させないことだ。少なくとも自分は彼らに投票しないことだ。彼らを落選させるために他の候補に投票することだ。
社内で不正が行われていれば、「それはおかしい」とはっきり言うことだ。はっきり言えない雰囲気があるのであればこっそり告発しても良い。

問題のあることを問題にするという、極めて当たり前のことが必要なのである。

そのために我々は何をすべきか?──我々自身もとにかく考えることである。

彼らだけに考えさせない。我々は違う意見を持っているよということを解らせる。我々も考えているよというプレッシャーを与える。そして、我々には考える権利があるのだということを思い知らせて、我々が考えるために必要な情報開示を迫って行く。

どこまでできるかは分からない。だって僕はエリートでもスーパーマンでもないもの。ひとりでできることは限られている──そう、だからまずみんなで考えるのである。話し合うのである。

かつて自分で考えて自分で決断できる人間をエリートと呼んだ。
我々はエリートに仕事を任せ、いつのまにか自らは考えないようになってしまったのだ。

これだけ不祥事が続けばもう気がついても良い頃だろう。エリートは完全無欠ではないのだ。そろそろエリートから少しずつ仕事を取り戻して行こう。

そのためにはまず「我々も考えるぞ」というアピールが必要である。「我々も考えるぞ」というマニフェストからスタートしたい。

Copyright©yama-amark【Journal-izm Vol.19 2002年10月号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ