改革と調整

株価が芳しくない推移を辿り、日本の景気はいつ回復するかという期待の中、相変わらずの低迷を続けている。そして、我々はそれが何故なのか一向に分からない。つまり、もう少し具体的に言うと、それは竹中改革が間違っているからなのか、それとも竹中大臣が十全にその改革を実施できないためなのかという点が。

エコノミストや政治家たちは口々にいろんなことを言う。苦しくとも不良債権の処理を進めておかなければいずれ日本は世界からそっぽを向かれてしまうとか、あるいは逆に、そんなことを言っている場合ではない、今必要なのは景気刺激策であるとか。はたまた、両方をバランス良く進めることが必要であるとか…。

ただ、今の日本でいずれにしてもはっきりしている点をひとつだけ指摘すれば、それは思い切ったことは何ひとつ実行に移せないということだ。

竹中氏に任せると言いながらちゃんとバックアップしない小泉総理の責任だと言う人もあるだろうし、竹中改革を潰しにかかる、既得権益にまみれた政治家たちが悪いという説もあるだろうが、実はその根はもっと深いところにあって、つまるところ「中庸をもって尊しとなす」「極端を好まない」という日本人の気質にぶつかるのではないだろうか?

で、問題はそれで良いのかということである。

今日本に求められているのは足して2で割る式の調整方法からの脱却ではないだろうか? ひょっとすると日本人は敗戦以降この50年あまりずっとそういう風にして生きてきたのではないだろうか。

で、重ねて言うが、問題はそれで良いのかということである。

こういう状況であるからこそ、今こそ日本人は思い切って何か極端なことをやってみる必要があると考えているのは私だけではないと思うのである。

新聞報道によると、ある政治家が竹中氏に向って「もし失敗したら、議員でないあんたがどうやって責任をとるんだ」と脅したそうだ。

しかし、その政治家の言う「責任の取り方」が次の選挙で落ちるというだけのことであれば、竹中大臣だって彼の改革で経済がムチャクチャになったりしたらメンツは丸潰れで学者としての生命を絶たれてしまう訳だから、いずれにしても似たり寄ったりである。逆に、誰が責任を取ったってそれで経済が急回復する訳ではない。

そういう意味では五十歩百歩であって、竹中氏は何もそんな脅しに屈することはなかったのではないかという気がする。

誤解のないように言うが、この文章は決して竹中平蔵氏を擁護して某政治家を非難するものではない。ただ、誰か(それが竹中氏なのか某政治家なのかは判らない)の言うことを信じて、それを徹底的に遂行するような形でしか、この不況からの脱出は望めないのではないかという、一般国民の不安を代表したものである。

本当はどの策が一番正しいのか、ひょっとしたらそれは誰にも分かっていないのかもしれない。この際イチかバチかやってみてはどうだろうか?

Copyright©yama-amark【Journal-izm Vol.21 2002年12月号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ