正義はこちら側にある

このところずっと考えていることがある。

こんなことを書いたら猛烈な反発を食うことになるかもしれないが、北朝鮮から帰国した拉致被害者は本当にもう一度北朝鮮に残した家族のもとに戻らなくても良いのだろうか、ということである。

「そんなことをしたらもう2度と日本に戻って来られない」──確かにそうかもしれない。だが、もし本当にそうなのであれば、日本政府は最初から「一時帰国」などという形で合意してはいけなかったのではないか?

国と国との約束である。最初は「一時帰国」と称しておいて後から「もう戻さない」と言うのであれば騙し討ちである。

「そもそも彼らは非合法的に拉致されたのである。日本に永住して当然であって、正義はこちら側にある」──確かにその通りではある。ただし国と国の関係ではそれほど単純には行かないケースもある。

北朝鮮は国家ぐるみで拉致を働いたとは言っていない。一部の造反分子の仕業であり、犯人は処罰したと主張している。

「そんなこと信じられる訳がない!」──僕もそう思う。僕だってそんなこと信じちゃいない。だけど、日本と朝鮮民主主義人民共和国の両政府はお互いの主張を認めて「一時帰国」という形で合意したのである。

彼らには彼らの言い分がある。日本が朝鮮を占領したとか朝鮮人を強制連行したというような歴史的事実/背景もある。

「そんなこと遠い昔の話じゃないか!」──そうかもしれない。

でも、彼らはそんな昔の話を決して忘れないような教育を叩き込まれている。そして、昔のことだと言うのであれば拉致だって昔の話だ。今はもう犯人は処罰したと言っているのだから、それを信じてひとまず北朝鮮に戻るのが筋ではないか、というのが彼らの建前である。

悲しいかな、政治というものは本音ではなく建前と建前をぶつけ合って駆け引きするものなのである。

僕はこの一連の経過を見ていると、9.11以降のアメリカの対応と同じような気がしてくるのである。アメリカの一番の弱点は世界を知らないことである。あまりに大きな、世界の中心に暮らしているために、他の国が何をどう感じているかを知ろうとしないのである。

タリバンにはタリバンの、イラクにはイラクの言い分がある。「ならず者国家」だからと言って一方的に攻撃すれば良いというものではない。感情に流されてはいけない。世界の情勢を冷静に見つめて適切な判断をして行くのが政治の仕事である。

怒りというものの持つパワーは凄まじい。普段はバラバラである日本人が怒りに駆り立てられてひとつになってしまうこともある。でも怒りの尻馬に乗るのが政治の仕事ではない。

9.11の際、正義は完全にアメリカの側にあった。拉致事件についても正義は完全に日本の側にある。その同じ状況の中で、あの時のアメリカと同じように感情に流された判断をしているのではないかと心配で仕方がない。


[追記]

以上の原稿を一旦書き終わった直後の12/19に拉致被害者たちが記者会見して、初めて明確に永住の意思を表明した。

僕はそれでも彼らに「一旦北朝鮮に戻れ」などと言う気はない。ここまで来ると政府は彼らの意思を尊重して交渉するしかないだろう。

だが、ここまでの交渉はそれで良かったのか、これまでの判断は正しかったのか、そして、正しい判断をするために正しい状況分析はできていたのか──僕が問いたいのはそういうことである。

Dec.21 2002

Copyright©yama-amark【Journal-izm Vol.22 2003年1月号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ