美しい自然

年末に建物を巡る2つの判断が出た。

ひとつは東京都国立市のマンションで、「景観を守るため」に高さ20m以上の部分を撤去せよという判決であり、もうひとつは、米国の著名建築家によって設計された、滋賀県豊郷町の小学校の校舎建て替え中止である。

個々の事例についてここで是非を問う気はないのだが、私はこういう判断に出会うと「自然とか環境保護とかって一体何なんだろう」と考え込んでしまう。

「自然は美しい」という、ある種信仰に似た信念がある。

確かに自然は美しい。
しかし、同時に私は「人工もまた美しい」と思ってしまうのだ。
生まれて初めて東京・西新宿の高層ビル街に降り立ったとき、私は不覚にも(?)「日本にもこんなに美しいところがあったのか!」と感嘆してしまった。

人工の直線、そしてそこにほどよく混ぜられた人工の曲線──これを美しいと感じる私は感覚がおかしいのだろうか?

「人間のやることは皆醜い」という極めて悲観的な先入観が根拠のない自然礼賛に繋がっている、ということはないのだろうか?

そもそも、どうして自然と人工を対比して捉えるのだろう?
人間の所業は、自然という大きな環境の一部分ではないのだろうか?

蟻や蜂が、ツバメやビーバーが巣を作るのと、人がビルを建てるのとではどこが違うのだろう? ミミズやモグラが穴を掘るのと、人が地下鉄や高速道路を建設するのとではどう異なっているのだろうか?

もちろん大きな違いはある。そしてその違いは近年に至って決定的になってしまった。
それは、人間の作るものは壊れにくく、そして何年経っても土には還らない、というところだ。
自然の中から出た人間が自然を超えるものを作ってしまったのである。それは自然からはみ出し、時として自然に敵対する。

しかし、一方で、人は自然の限界を超えてきたからこそ、ここまで繁栄してきたのも確かである。自然の限界に立ち向かった古人の努力を私たちは称えなければならない。歴史的に見れば、自然の限界を超えてきたからこそ解決された問題も山ほどあるのである。完璧な「自然」を求めれば、ヒトはヒトではなくなってしまうだろう。

だから、「自然と敵対するから醜い」ということでもないはずだ。

そしてもう一点。

我々が愛でる「自然」って、本当に自然全体なのだろうか?
虫に葉っぱを食い荒らされた庭木、台風でなぎ倒された老木、山火事の後の焼け野原──そういうものを見て、我々は果たして「美しい」と感じるのだろうか?
我々は自分に都合の良いものだけを「美しい自然」として切り取っているのではないだろうか?

前述したように、人間は土に還らないものを作り始めてしまった。有害物質を垂れ流すこともある。地球温暖化の手助けをしてしまっている。これらのことが何故問題があるかと言えば、それはこれらのことによって人間が住めなくなってしまうからに他ならない。

私が自信を持って「環境破壊である」と反対の意を唱えられるのはそういう点だけである。

美しいか美しくないかではなく、天に向かって唾を吐いていないか、あるいは吐いた唾が自分たちには降りかからなくても、自分たちの子供や孫の世代に降りかかることはないのか──そういう観点だけが本当の判断基準ではないのかな、などと考えてみるのである。

Copyright©yama-amark【Journal-izm Vol.23 2003年2月号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ