「国民の祝日」考

海外から「働きすぎ」という批判を受けたせいもあるが、日本人労働者の休日は次第に増えてきている。

この30年ほどの間に相当数の企業が週休2日制を導入したはずだ。

「みどりの日」とか「海の日」みたいな、なんだか訳のわからない祝日もいくつか増えた。それがなんでその日なのか、そしてなんで休みなのかよく解らないままではあるが、とりあえず休みが増えれば良いかという発想でなし崩しに増やしてきた感がある。5月4日などは名前もないまま国民の祝日の一角に加えられてしまった。

国民の祝日が日曜日と重なると、翌月曜日が振替休日になるようになったのは何年前だっただろうか。

どうせなら、国民の祝日が土曜日に重なった時は前の金曜日が休みになるようにしてほしいものだが、そうはならない。まだ週休1日の企業も多いからという気遣いが働いたのだろう。日本人は変なところに平等意識を発揮する。低い方のレベルに合せて平等を達成してもあまり意味がなくて、レベルを引き上げてこそ平等の意義があるはずなのだが…。

そして、2000年からは「成人の日」が1月の、「体育の日」が10月の第2月曜に変更になった。
3連休を増やそうという目論見である。これも理屈抜きの日数稼ぎという感じがする。「体育の日」は「東京オリンピックが開幕した日」ということで10月10日に設定されたのである。「建国記念日」なんかよりはるかに明快なバックグラウンドがあるにも拘らず、こうも簡単に動かされてしまうとむしろ軽薄なイメージさえある。

それでも、まあ、3連休が増えるからいいじゃないか、という気がしないでもないが、実際そうでない面もある。

個人的なことを言えば、月曜日の休みが増えて、毎週予定されている定例会議のうち月曜日のミーティングばかりが休止になって業務に支障を来す。──そんなことはまあ良いとしても、こう3連休が増えてくると、「遊びに行きたいのなら3連休に行けば良いだろう」という雰囲気ができてしまった。

逆にそれ以外の日に休みを取ることに妙な罪悪感が生まれてしまったのである。昔みたいに、火曜日が祝日の週に月曜日に、木曜日が祝日の週に金曜日に休みを取って4連休にする機会が減ってしまった。

「何を贅沢な」と言われるかもしれない。「この不景気な時代に休みなんか取ってて良いのか」と責められるかもしれない。そもそも日本人が休みたがらないのか、日本の社会が休みにくい環境を作っているのかは定かでないにしろ、いずれにしても休みを増やすためにお国が考えてくれたのである。

しかし、「なんだかなあ」なのである。3連休に旅行に行くにしても、いつも予約は取りにくくて料金は高いのである。もっと勝手に、好き放題に休みたいと思っているのは僕だけではないと思うのだが…。

(2003年の「建国記念日」に思う)

Copyright©yama-amark【Journal-izm Vol.24 2003年3月号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ