新入社員諸君!

ウチの会社には営業局が社内向けに出しているメールマガジンがあります。私も営業局所属時代にはそのメールマガジンの巻頭言を執筆しておりました。毎回400字程度の短文でした。

このコーナーで前回、仕事がらみのテーマの原稿を載せましたので、その流れで今回は私がメルマガに書いた原稿の中から一番評判になった、と言うか物議を醸した奴を、ひとつ皆さんに見てもらおうかと思って転載することにしました。

以下がその全文です。


売ってコラムm(__)m 稼いでコラム(^人^) ¥その13(最終回) 「新入社員諸君!」

新入社員諸君、肝に銘じておいてほしい。君たちはまかり間違ってひどい会社に入ってしまったのだ。

君たちのうちの何人かはすぐに絶望して会社を辞めてしまうだろう。逆に別の何人かは環境の如何に関わらず立派な仕事をする(例えば良い番組を作る)かも知れない。しかし、残りの大多数は、ひどい会社の中ではひどい仕事しかできないはずだ。

だから君たちの当面の課題は、この会社をもう少しましな会社に変えることにある。

愛社精神などというカビの生えた代物を引合いに出すつもりはない。そんなものは僕にさえないと公言できるから。単に切羽詰って、この会社を改善しようとするだけのことだ。

そのためには臆することなくものを言うことである。臆せず言ってしまったために、会社が君をもっとひどい目に遭わせることは考えられるが、それは仕方がない。一番まずいのは、そういう覚悟もなくものを言ってしまうことである。

脅しているつもりはないのだけれど、このニュアンス、解ってもらえるだろうか?

Copyright©yama-a Jul.2004mark

目次へ 次作へ 前作へ