日本国の危ないゲーム

この数年間私はあるゲームに凝っている。とても面白いゲームだ。

ルールはすこぶる単純で、心がけることは2つだけ。

  1. 必ず多数派に属すること。
  2. ある集団が多数派になってからそこに所属するのではなく、少数派であるうちに加入し、多数派になった途端に脱退すること。

その2つが上がるための鉄則である。

何のゲームだかお分かりだろうか?
それは株式売買である。

株価は経済の動きを先取りすると言われている。もちろんそういう面もあるだろう。しかし、それはひとつの側面に過ぎない。後になって「確かに経済の動きを先取りしていた」と言える場合もあるだろうが、株価は必ずしも経済の動きに忠実な下僕ではない。

株価の動きは簡単に説明できる。皆が上がると思えば上がり、皆が下がると思えば下がるのである。だから、常に多数派に属する感覚を持っていなければならないし、他の誰よりも先んじていなければ利益は上がらない。

例えば今般のイラク危機などを見ていると如実にそのことが判る。アメリカが攻撃を仕掛ければ株価は下がると皆見ており、だから攻撃が近いと思われると攻撃が始まる前に株価は下がる。従って、それより前に売らないことには損を被るのである。

これはゲームなのである。だから私は生活を左右するような大金は賭けない。最近は全体的に株が安くなっているし、ミニ株みたいな制度もあるので、大金持ちでなくても参加できるゲームになってきたのは確かだ。

このゲームの初心者であった頃、私もいろいろと痛い目に遭った。それは要するに多数派に属せなかったということである。
例えばこんなことがあった。

ある会社が社運を賭けて新規事業を始めた。ところがその事業は起死回生どころか赤字を広げるばかりで、とうとうある日、その企業はその事業からの撤退を発表した。

私はそこの株を持っていた。そして、その発表を聞いて大いに落胆し、かつ動揺した。「この新規事業がダメだとなるともうムチャクチャだ。この企業はもう立ち直れないかもしれない」──そう考えた私は大急ぎでそこの株を売った。所謂「狼狽売り」である。もちろん売却損が出た。

ところが世間の人はこう考えた。「これで悪い材料は全部出切った。もうこれ以上業績を悪化させる要因はない」──ということで、そこの株価は一挙に反転し、連日鰻上りになったのである。

で、このゲームは私の負けとなった。ただ、仮にこの局面で私が「株価が上昇する」と読み切ってホールドしていたとしても、今度はどこで売り抜けるかというゲームが待ち受けているのである。

冒頭にも書いたが、これはスリリングでとても面白いゲームである。しかし、そのゲームに興じながらふと気づいたことがある。

株価は、皆が「景気が良くなる」と考えれば自然に上がり、「良くならない」と考えればいつまでも上がらない。ところで日本経済の状況を見渡すと、多くの企業が含み損を抱えており、株価が上がって来ないことにはこの泥沼から容易に抜け出せそうな気配がない。

つまり、景気が良くならないと株価は上がらないし、株価が上がらないと景気が良くならないのである。これでは堂々巡りではないか?

いったい、日本経済をこんないい加減な仕組みに任せておいて良いのだろうか?

私はこのところこのゲームでの負けが込んでいる。それはそれで構わない。いくらまでゲームに費やすかは自分でコントロールできるからだ。でも、日本国全体がこのゲームに巻き込まれて、その結果私がとばっちりを食うのだけは嫌だなあと思うのである。


[2006年2月の追記]

このゲームは何がきっかけで様相が一変するか判らない。

「景気が良くならないと株価は上がらないし、株価が上がらないと景気が良くならない」という循環はいつのまにか「景気が良くなると株価は上がるし、株価が上がると景気が良くなる」という循環に切り替わったようだ。

このゲームの次のヤマは、次の切り替わりポイントを見極めることである。
ま、あくまでゲームなんだから、そして、そう簡単に見極められる訳がないんだから…。

Copyright©yama-amark【Journal-izm vol.25 2003年4月1日号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ