泣いた映画

酒の席で「今までに泣いた映画は何か?」という話になったのだが、みんな意外に「感動の名作」、つまり「泣ける映画」ばかりを挙げるので、私は大いに驚いた。

私の場合を紹介しよう。下に記したのが「私が泣いた映画全一覧(生涯篇)」である。

  1. 『ソルジャー・ブルー』(ラルフ・ネルソン監督、1970年)
  2. 『あゝ野麦峠』(山本薩夫監督、1979年)
  3. 『クール・ランニング』(ジョン・タートルトーブ監督、1993年)
  4. 『フォレスト・ガンプ 一期一会』(ロバート・ゼメキス監督、1994年)

涙を流したのは4本、これまでに鑑賞した映画の約1%である。

a)とb)については、明らかに想像がつく。これらは感受性の強い少年時代に見た、正面から正義感に訴えて来る作品だった。多分今見ても泣くには至らないだろう。

仲間内で一番受けたのはc)だ。ラストシーンのボブスレーがひっくり返るシーンで図らずも泣いてしまった(見事に監督の術中に嵌った訳だ)。しかも、「涙が一筋はらりと流れた」というような生易しいものではなく、声に出るのはなんとかこらえたが、拭えど止まらぬ大泣きである。映画が終わって明るくなっても恥ずかしくて俯いて座っていた記憶がある。

d)は「泣いた」と聞いても別段不思議のない作品だが、私が泣いたのは終盤の盛り上がる部分などではなく、映画が始まってまだ30分しか経っていない、少年時代のガンプが最初にいじめられるシーンである。ガンプをかばう少女が、"Run, Forrest! Run!"と叫んだのが合図みたいになって、私の両目から洪水のように涙がボロボロ溢れ出した。ちなみに、それ以外のシーンでは泣いていない。

こうやって並べてみれば解るのだが、「泣いた映画=良い映画」では決してない。この4作品に「もう少しで涙が出そうになった映画」を加えたとしても、「私が選ぶ生涯トップ10」とは似ても似つかぬリストが出来上がってしまう。

実は思い当たる節があって、c)とd)については、1)いずれも一人で見た、2)精神状態が悪かった、という共通点がある。具体的に何で悩んでいたかは憶えていないが、いずれもひどく大きな挫折感や孤独感を抱えている時に一人ぼっちで見た映画である。

隣に誰かいればきっと泣かなかったと思う。ひとりっきりの緊張感の緩んだ状態で、しかも私は落ち込んでいた──このことが私の涙腺の鍵を開けたのだと思う。

みんなで「泣いた映画」を披露しあった時、いろんな映画名が挙がった──『タイタニック』とか『レオン』とか…。これらは私が泣かなかった映画だ。

世の中には「泣ける映画」や「泣ける本」を自ら求める人がいる。私は別段求めないし、避けてもいない。ただ、落ち込んだときに時々一人で映画を見に行って、時々泣きそうになって帰ってくる。『グローイングアップ4 渚でデート』(ボアズ・デビッドソン監督、1983年)もそんな映画だった(なんでそんなもんで泣きそうになるかねえ?)。

よく考えてみると実は「映画が泣ける」のではなく単に「自分が泣ける」のにすぎない。でも、振り返ってみれば「泣けた」あと、私はほどなく立ち直っているようである。

そういう映画の見方もあって良いのではないだろうか。

Copyright©yama-amark【essayistnet掲載】


[後記]

ちなみに『グローイングアップ4』は意に反した転勤が決まった時に見た映画だった。

これは恐らく2003年ごろに書いた文章で、その後はブログのほうでフォローしている。

泣いた映画(as of Jun.2006)
泣いた映画(as of Sep.2008)

目次へ 次作へ 前作へ