信仰の街

2度目の東京勤務の際に社報の執筆を頼まれました。当時の社報のレギュラーコーナーであった、東京支社のメンバーが執筆する1ページでした。

テーマに縛りがあって「東京○○論」というタイトルにするように言われたので、当時住んでいた西荻窪の街について書きました。字数制限があったので漠としたことしか書けなかったのですが、なんだか知らんけど、この記事が社内で結構受けて、会う人ごとに「面白かった」と言われるし、中にはわざわざ電話を掛けてきてくれた人までいて、我ながら驚きました。

折角ですので、その文章をここに再掲します。私が一昨日まで住んでいた街です。

2006年7月17日。

東京即身成仏論 〜信仰の街、西荻窪にて〜

以前僕がこの街に住んでいた時(あれは多分80年代の終わり頃だったのだろう)郵便受けに頻繁にオウム真理教の小冊子が入っていた。頁を開いてみるとどうやらヨガの修行らしく、アレルギー体質も治ると書いてある。

2冊目にも目を通して少し興味を惹かれた頃3冊目が届き、その中に教祖が宙に浮いている写真を発見して危うく行くのをやめた記憶がある。その後暫くして、駅前でゾウの帽子を被った信者たちがビラを撒くようになった。

当時住んでいたマンションの向かいのビルに喫茶店があり、なにげなく入ってモーニングを食べていたら、席の横に本棚があるのを発見した。

「あれ、ここは漫画喫茶なのか?」

と思い、よくよく背表紙を見ると、そこにある本の全てが大川隆法氏の著作だった。慌ててパンをコーヒーで流 し込んで店を出た記憶がある。

その近所に信愛書店と言う本屋がある。店主の猛烈なこだわりぶりが窺える独特の品揃えの店である(かつて僕はこの店で大麻の指南書をはじめ一風変わった書籍をたくさん買った)。そして、ここにも大川氏の本が山ほど置いてあった。ある日店員が店長に「しかし、大川隆法の本って、よく売れますよね」と言っているのを聞いた。

そして、果たせるかな駅のすぐ南側に「幸福の科学杉並支部」を見つけた。大勢の老若男女が出入りしているではないか。法悦感からであろうか、皆一様にトロンとした目をしている。

十余年のインターバルを経て、僕は再びこの街に戻ってきた。そして、今住んでいるマンションの向かいには「エホバの証人の王国会館」があって、ここにも善良そうな人々が静かに出入りしている。

そう、ここは宗教の街なのだ。いや、「宗教に優しい街」と言おう。何故なら「…に優しい」というのは今の世の中では最上級の褒め言葉だから。

僕は神を信じない。しかし、信仰の持つ威力についてはこれを信じる。信ずる者は救われるのである。

できることなら僕もここにいる間に自分の信仰を見つけたいと思う。しかし、神ではなくて何を?

その答えは恐らく入信した者にしか解らない。

この街はそんな入信者たちを優しく包んでいる。

いつの日か僕が西荻の宙空に浮かんでいるのを見つけたら、そっとカメラに収めてほしい。

Copyright©yama-a Jul.2006mark

目次へ 次作へ 前作へ