おいしい発見

時々自分は非常に良い時代に生まれ育ってきたと感じることがある。それは日本がちょうど発展の緒について、海外からいろいろな新しいものが入ってきた時代であった。そういう時代に、私はいろいろな新しい食べ物を発見しながら成長してきた。それはとても良い経験であったと思う。

例えば果物。
私が幼少の頃、みかんやスイカは日常的な食べ物だったが、バナナはまだ少しだけ高級品だった(遠足や病気見舞い用)。 パイナップルは缶詰しか食べたことがなかったので、初めて生のパイナップルを口にした時は、そのすっぱさに驚いた。私が知っていたパイナップルの甘さは缶詰のシロップの甘さだったのだ。

それから、生まれて初めてグレープフルーツを食べた日のことも忘れない。「グレープと言うくせに、どこから見てもブドウ系ではなくみかん系ではないか?」と思った。しかも、皮を剥いて食べるのではなく、半分に切って砂糖をかけてスプーンで掬って食べるとは!(最近はそのまま食べているが、あの頃はみんな砂糖をかけていた。しかも、それはグラニュー糖でなければならなかった!)私は急に文明開化がやって来たような気分になった。

もう少し後になってからでは、キウイを初めて見た時の驚きも忘れない。今の子供たちは、あまりそういう体験に巡りあうこともなく、生まれた時から多種多様な果物に囲まれている。それは豊かではあるが、逆に exciting ではない。

私の育った時代は、ファーストフードや外食産業が進出してきた時代でもある。
私はマクドナルドには驚かなかったが、ミスタードーナツの「シナモン」とサンドイッチの店グルメの「ローストビーフ・サンドイッチ」を食べた日の感動は今も鮮明に思い出すことができる。「世の中にこんなうまいものがあったのか!」と思ったほどだ。

我が家で初めてピザを食べた日のことも。
知人に話したら「いかにも関西人らしい捉え方だ」と笑われたのだが、あのとき母は姉と私に「イタリアのお好み焼きだ」と説明した。今から思えば分厚くてやたらぬるぬるしたピザで、今の基準で言えばちっとも美味しくないピザだったのだが、それだけに「イタリアのお好み焼き」という解釈には説得力があった。

こういう食べ物や店は初めからあったのではなく、私の成長過程の中で順番に登場してきた。そして私に順番に新しい体験をさせてくれたのである。

初めからあった食べ物でも大人になって初めて食べるようになったものも多い。
例えば牛タン、牛のテール、ミノやテッチャンなど牛の内臓系、エスカルゴ、スッポン鍋、もずく、あわび、ナマコ、フグ、白子・・・。

会社の新入社員でフグを食べたことのない奴がいて、毒に当たるかもしれないという心配から、自分が食べる前にどうしても私に食べさせようと「先輩からお先にどうぞ」と強固に言い続けた奴がいた。彼はきっとこの日のことを忘れないだろう。

高価だというのが理由である場合もあったが、上述したような食べ物は子供の食べるものではなかったし、親も決して食べさせようとはしなかった。私たちは成長するに従って次第に食べ物の幅を広げて行った訳だ。

そう言えばお寿司にしたって、本格的に食べるようになったのは大人になってからのことだったように思う。今の子供たちは早い時期からいろんな食べ物を知りすぎているような気がする。

仕事上のつきあいがあるM社のM氏は、小学生の息子をよく寿司屋に連れて行くそうだ。

先日息子と一緒に寿司屋に入って、店主が「坊ちゃん、何にする?」と聞いたところ、小学校高学年の息子がこう答えたそうだ。

「今日のお勧めは何?」

こういう話を聞くと、やはり私の食体験のほうが精神的には恵まれていたような気がするのである。

Copyright©yama-a【essayistnet掲載】mark

目次へ 次作へ 前作へ