結婚する君に

年のせいか結婚式でのスピーチを頼まれることが多くなってきた。

君はおちょくり半分、社交辞令半分で「結婚の先輩としてひと言アドバイスを」などと頼んでくる。そんなこと言われても、僕にはアドバイスすることなんか何にもない。

君にとって僕が結婚の先輩に当たるのは、ひとえに僕が君より先に生まれたからに他ならない。何か秘訣があって君より20年も早く生まれたわけではないのと同様、何か奥義をマスターして君より先に結婚したわけではない。

「そんなこと言っても、もう十何年も結婚生活を続けているじゃないですか」と君は言う。確かに僕には十何年の結婚生活の経験がある。しかも、自分で言うのも何だが、円満な結婚生活を送っている。

しかし、僕は1人の相手と1回しか結婚しておらず、知っているのは1通りの結婚生活だ。その1回限りの結婚は巧く行ってはいるが、それはたまたまであって、決して結婚一般に通用する普遍的真理を把握してなどいない。君が僕の経験談を活かそうとしても、相手が別人だし時代も変わっているし諸々の環境だって違うわけだから、そこには必ず無理が生ずるだろう。

もっと結婚経験が豊富な人に訊いてみてはどうだろう?
世の中には5回も6回も結婚している人がいる。そういう人なら何通りもの結婚生活を知っていて、事例ごとに対応策を示してくれるのかもしれない。ただ、気をつけなければならないのは、そういう人はひょっとすると、同じ失敗を5回も6回も繰り返しているに過ぎない人かもしれないということだ。

結局のところ、他人の結婚を自分に当てはめようとするのは少し虫が良すぎるのではないか。

「結婚に関して大切な『お』が3つございます。思いやり・おふくろ・堪忍袋の緒です」なんてスピーチをする人がいる。僕はその手のことは言わない。理由は上記の通り。だいいち(新郎新婦はともかくとして)、話を聞かされる一般客のほうは退屈でたまらない。

だから僕は、できるだけ一般客が退屈しないようなことを言おうと考える。できれば笑いも取りたい。

披露宴のスピーチなんて楽しければそれで良いじゃないか。

そして、結婚生活だって楽しければそれで良いのかもしれない。いやいや、結婚生活は楽しければそれで良いってもんじゃない、と言う人もいるのだろう。

どちらの説が正しいのか、僕はそれを君に教授する立場にはない。それはこれからの結婚生活の中で、君たち2人が発見して行くことなのだ。

ご結婚おめでとう──それだけは決まり文句だから言っておこう。
しかし、ここから先は決まり文句が通用しないことが多いみたいだ。

Copyright©yama-amark【Journal-izm vol.30 2003年9月1日号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ