衆院選に思う

衆院選の不在者投票に行ってきた。以前にも何度か行ったことがあるのだが、昔は今のように個人的な旅行や遊びを理由に事前に投票することは許されず、確か出張とか、法事のための帰省とか、そんな理由でなければならなかったはずだ。

昔は多分、選挙を管理する側に「投票させてやってるんだ」という意識があったのだろう。ところが、そんなことを言っていると投票率が下がるばかりなので、いつだったか遂に緩和された訳である。

政治史を紐解いてみると、かつては一定以上の税金を納めている成人男子にしか選挙権は与えられていなかった。それが「オレにも、アタシにも投票させろ」という声が高まってきて、漸く普通選挙が実現し、婦人参政権も確立して今では年齢以外に選挙権の制限はない。

ところが、制限がないのに棄権する人が多くて、今度は当局が便宜を図り、お願いして投票してもらう時代になったのである。不思議なものである。

誰でも投票できるということは言うまでもなくあるべき姿なのではあるが、一方ではなんにも考えていない人、なんにも解っていない人でも投票できるということである。顔で選ぶことだってできるし、アミダで決めて投票することも可能である。

いつだったか、参院選にとあるお笑いタレントが立候補した時、生涯に1回か2回しか投票に行ったことのなかった伯母が、彼に投票するために何十年ぶりかで投票所に出向いたという話を聞いて驚いたことがあった。果たして彼は上位で当選を果たしたのだが、「こんな人たちが彼を支えているのか」と悲しくなった。

いやいや、お笑いタレントが当選してはいけないと言うのではない。誠実そうな男ではあった。政治家や官僚の目ではなく、庶民の感覚でものごとを進めてくれるのではないかという期待を抱きたくなるのも解る。しかし、実際に、国会という場で彼に何がなし得るかを見極めるためには、少しは勉強が必要なのではないか?

伯母が普段政治について少しでも考えたり勉強したりしたことがあったとは思えない。そこが悲しいところなのである。

少しは勉強して、しっかり見極めたうえで投票しなければ、誰が当選してしまうか分かったものではない。

日本国憲法の前文には、「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」とある。しかし、一部の国会議員は「国民の代表者」とは言い難い。

地元に高速道路や新幹線を引っ張って来るようなことしか考えていない「県民の代表」がなんと多いことか!
これは選ぶほうの意識が「自分は日本国民である」ということよりも「自分は○○県民である」ということを重んじていることにもよるのではないだろうか?

「県民の代表」であればまだマシなほうで、下手すると彼らは「市民の代表」、「町民の代表」というところまで堕ちて行ってしまう。究極のところまで堕ちると「一族の代表」、さらには本人の利益しか考えていない悪徳政治家になってしまう。

意識はどこまででも狭められるのである。それに対して、意識を広げることがなんと困難なことであろうか? これは立候補者も投票者も同じなのである。

今、衆院選を明日に控えて、この原稿を書いている。この文章が目に触れる頃には、新しい衆議院議員たちによる新しい政治が始まっているだろう。

果たして、本当に政治は新しくなっているだろうか?彼らや我々の意識はどこまで広がることができたのだろうか?

Copyright©yama-amark【Journal-izm vol.33 2003年12月1日号掲載】


【2007年7月追記】

この時は「不在者投票」という用語で書いたのですが、いつの間にか「事前投票」という言い方に変わってます。そして、それとは別に「不在者投票」というものもあるようなのです。どこがどう違っているのか、実は私はいまだによく解っていません。

ちなみに今回の参院選でも私たち夫婦は事前投票をしてきました。

目次へ 次作へ 前作へ