死ぬぞ!

政府がイラクへの自衛隊の派遣を閣議決定した。賛否を巡って激しい議論がある。

僕がこの報道に接して咄嗟に思ったことはただひとつだった。それは、

死ぬぞ!

ということだ。

誰が死ぬかは解らない。でも、誰かがきっと死ぬだろう。いや、もう外交官が2人殺されてるじゃないか、と言われるかもしれないが、さらに、もっともっと誰かが死ぬぞ!

日本国憲法は占領軍に押しつけられたものだと考えるのか、あるいは戦争への自戒と反省を込めた誇るべき自主憲法であると考えるのかは別として、いずれにしてもそれは「もう2度と戦争(あるいは侵略)はしない(させない)」という精神を具現化したものだったはずだ。

その結果、その後50年以上に渡って、わが国はどこの国をも攻めてはいない。これはある程度確立した理念と言って良いのではないだろうか。

一方、「攻めはしないけれど、攻められたらどうするのか?」という、平和主義だけでは俄かに答えられない難問があって、その難問に答え切れないうちに、日米安保条約が締結され自衛隊が結成された。

その結果、わが国はどの国にも攻められずに今日に至っている。

しかし、9.11のテロ以来、米軍と自衛隊の存在だけでは攻撃をまぬかれることはできないのではないかという気分になって来たのも確かである。

テロに対する断固たる戦い──それは美しく勇ましい。しかし、きっと誰かが死ぬ。こっちが殺されないために相手を殺すことになる。あるいは市民が巻き添えを食って死ぬ。当面それはイラク人の市民かもしれない。しかし、自衛隊を派遣したことによって日本がテロの標的になると、日本人の市民も死ぬだろう。

僕が子供の頃、ベトナムでの戦争が泥沼化していたり、一方で安保闘争があったりで、戦争というものはもう少し身近なものであった。それゆえに、いずれ日本国憲法は改正され徴兵制が復活するのではないか、という憶測が語られたりもした。

少年時代の僕は、ベトナムの悲惨な戦争の写真報道を見て、「自分が徴兵されない年齢になるまで、なんとか徴兵制が復活しませんように」と祈ったものだ。もちろんこれは平和主義などではなく、単なる臆病である。

祈った甲斐あってか、いつの間にか僕は兵士になるにはやや遅きに失する年代に突入した。その結果、戦争による死は自分に身近なイメージではなくなってしまったような気がする。

死ぬのはイラク人である。アメリカ兵である。アメリカと同盟を組む外国軍の兵士である。自衛隊である。あるいはイラク駐在の外交官であったり、報道関係者であったり。──いずれも自分ではない。幸いにして自分の家族や友人である可能性も低い。

僕でさえこうなのだから、僕よりもっと若い世代はなおさら「死」に対する現実味がないのではないか? ベトナム戦争の時代とは異なり、戦争報道はどんどんワイドショー化してしまった。

そんな中で我々が今一番必要なのは「死ぬ」ということのイメージを取り戻すことではないだろうか?

「テロと戦う必要があるのだ」「国際社会に貢献しなければならない」という理念ばかりが先行してはいけない。「死ぬんだぞ!」とまず自分に言い聞かすこと。

その上で、「そんな危ないところに人を送り込むのか」「まず自分が先に行ってみろ」という情緒的な反応ばかりを示すのが正しいことなのかどうかを考える必要がある。死を前提として。

例え死んでもやらなければならないのか、死んでもやらなければならないことはあるが今回はその大義に欠けるのか、それとも、何が何でもまず人と人が殺したり殺されたりすることは避けるべきなのか。

そして、世界の中の日本としてどうするのか。日本人ができるだけ死なない条件を整えて参加すべきなのか、世界のために日本人も死を厭うべきではないのか。

いずれにしても、「死」ということが解らない限り、正しい判断は出せないような気がするのである。

Copyright©yama-amark【Journal-izm vol.34 2004年1月1日号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ