やれやれ

やれやれ、今度は鳥インフルエンザかよ。

おじさんたちの若い頃はさあ、まあフグとか毒キノコの類を別にすりゃあ、せいぜい腐ったものを食わないように気イつけてればそれで済んだんだよ。

腐ったもんでも胃腸が丈夫なら平気って風潮もあったよなあ。道端や原っぱで見つけた木の実や葉っぱを「これ食えるかなあ」なんて言いながら齧ったりしたもんだよ。

もちろん高度成長期には公害が蔓延して、魚がPCBに汚染されてるとかいろんなこと言われたよ。でも、それは周りのものが全体的にちょっとずつやられてるって感じで、どうにも避けようがなかったんだよ。

最近はさあ、例えば大阪府南部で作られたカイワレ大根がO−157の原因だって濡れ衣着せられたり、随分情報が細かくなったじゃないか。それにBSEだ口蹄疫だSARSだって次々にいろんな病気が出てくるでしょ。もう、おじさんたちはウンザリなワケよ。

だいたい近年人間はいろんなもん食いすぎるのかねえ。ハクビシンなんて食ったこともないし食いたくもないけど、こないだTVを見てたら「ハクビシンが原因じゃないよ。もしそうなら俺たちとっくの昔にSARSになってるよ」って平然と言ってる現地人がいたよ。多分今でも食ってるんだろうなあ。

それで病気が発覚するとスーパーなんかは「ウチはA国の牛肉は売ってません。全てB国産です」とか「これはC県で栽培されたものであってD県のものではありません」とか必死になって言うじゃない?

で、一生懸命ラベル見て商品選んでるんだけど、一方で牛肉のラベル貼り替えたりする奴いたじゃない? 最近だと半年前に冷凍した卵売る奴なんかもいてさあ・・・。もう誰を信じていいのかわかんないワケよ。

政府も大変だよ。「病気が見つかった国からは輸入しない。全頭検査しなさい」って言うと、相手の国は「いや、全頭検査しなくても大丈夫だ」とか主張するワケでしょ。別の国は「ウチの牛肉は大丈夫だが、その前にまず関税を下げろ」って言ってるじゃない? まあ、おじさんも関税引き下げには賛成だけどね。

食は完全に政治とリンクしちゃってるね。まあ、お米のことを考えたらずいぶん昔からリンクはしてたんだけどさ。

おじさんたちの小さい頃はさあ、親たちから「お米を作ってくれたお百姓さんに感謝して、一粒も残さないように食べなさい」なんて言われたワケだよ。今は生産者に感謝するだけじゃあ足りないね(もっとも、生産者がちゃんとしたものを作ってくれてるって前提だよ)。農水省とか厚生労働省とか、政治家とか保健所とか、一体何人に感謝すりゃいいんだろうね。

昔から人は独りで生きているワケではなくて、いろんなところでいろんなものが繋がっているんだけど、おじさんたちの若い頃はさあ、それが割合単純でストレートに見極められたんだよ。

今は全てがかなり複雑に、しかも密に絡まりあって、さらに見えないところでいろんなもんが進行しているみたいだよね。自分と世界の繋がりさえよく見えない。世界と世界の繋がりはなおさら見えない。でも、見えない分だけよけいに「繋がり」を意識してしまう今日この頃なんだよね、そんなことない?

以前回教国に輸出した加工食品の原材料にブタが使われていて大騒ぎになったことがあったでしょ。あれなんか近年の世の中の複雑さを象徴するような事件だよね。

食品添加物や薬剤のことまで考え始めると、他の国では禁止されてるものが日本では平然と使われていたりしてね(もちろん、逆のケースもある)。でも、そのことを日本国民は知らなくて、死者が出たり、外国との貿易摩擦問題になったりして初めて知らされるんだよ。ちょっと怖いね。

ああ、こんなこと書いてるうちに、なんか腹減ってきたなあ。
さて、何食ったらいいんだろうねえ?

Copyright©yama-amark【Journal-izm vol.35 2004年2月1日号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ