グラミー賞に思う

TVでグラミー賞の発表会を見た。

アカデミー賞やグラミー賞の発表会は、毎年必ず見ているという訳ではないのだが、見るとやっぱり面白い。たとえ候補作の映画を1本も観たことがなくても、出てくる歌手を誰一人知らなくても、やっぱり見ると面白いのである。

それは簡潔なショーである。そして、ここでは簡潔=洗練なのである。

プレゼンターが壇上に登場する。二言三言語る。真面目なことを言う人もいれば、のっけからとんでもないジョークをかましてくれる人もいる(たまにジョークがほとんど受けないこともある)。いずれにしても二言三言だ。

で、"The nominees are...."という決まり文句とともに一気に候補者を紹介し、間髪を入れずに"And the winner is...." あるいは"And Oscar(Grammy) goes to...." に続いて受賞者が発表される。あっと言う間のできごとだ。ドラムロールもなければスポット・ライトがくるくる回ることもない。

で、受賞者が客席から舞台に上がってくる。スピーチをする。

皆が皆スピーチが巧い訳ではない。たどたどしい人もいる。俳優や歌手ではなく裏方の場合、ごくまれにポケットからメモを取り出して棒読みする人もいる。アメリカ人にもこんな人がいるのかと却って好感を覚えたりもする。

感謝する人の名前を延々と挙げ続けて、聞いていて飽き飽きすることもある。最後は決まって愛する妻や夫や子供たちへの感謝の言葉で「またかよ」と思うこともある。

しかし、そこにはそれぞれの人に個性があり、それぞれの人の主張がある。自分の思いを他人に伝えようとする意志が感じられる。
それはコミュニケーションでありプレゼンテーションなのである。

レコード大賞みたいに「それでは歌っていただきましょう。○○年度日本レコード大賞受賞曲○○です」などと司会者が高らかに謳い上げることもない。日本のそれは単にショーであって、コミュニケーションでもプレゼンテーションでもない。見せ物であり晴れの儀式ではあっても、主張もコミュニケーションもなかったりする。

今年のグラミー賞でのオノ・ヨーコのスピーチを見ましたか? 英文としては完璧だが発音は「壊れた英語」だった。洒落た表現は何一つなかった。でも、僕は胸が熱くなった。

そう言えば去年のアカデミー賞の発表会で、壇上から大統領に向かって"Shame on you!"(恥を知れ!)と叫んだ映画監督がいた。

この国の現大統領は、歴代の大統領と違って著しく演説が下手だと言われている。いや、演説が下手どころか「英語ができない」などという陰口もあって、スピーチ中の言い間違いが1冊の本にまとめられるほど愚弄されている。

他人に語りかけるよりも他国を攻撃することのほうが得意な大統領は、他国と充分話し合うこともなく、不確かな根拠に基づいて軍隊を派遣してしまった。これもアメリカ国内向けの一種のショーである。

しかし、コミュニケーションとしては充分なのだろうか?

アメリカ人は日本人に比べて遥かにスピーチをする訓練ができている。果たして自分は、日本人は、他者に対してちゃんとスピーチができているのだろうか?

グラミー賞を見ているうちに変なところにまで想いが広がってしまった。番組の中で聴いた Black Eyed Peas の "Where is the love" の影響かもしれないが…。

Copyright©yama-amark【Journal-izm vol.36 2004年3月1日号掲載】


日本での表彰式に関しては、後にブログにこんなことを書いています。

目次へ 次作へ 前作へ