とりあえず良かった

イラクで拘束された3人と2人の日本人がそれぞれ無事に解放された。とりあえずは良かった。

最初の3人が解放されたとき、3人のうちの女性が「活動は続ける。イラク人を嫌いになれない」と泣きながら語ったことに関して、TVを見ていた人たちの感じ方は大きく2つに分かれたようだ。実際僕の周りには「自分の置かれている立場を考えてみろ。殺されれば良かったんだ」と激しい憎悪を露わにする人もいた。

僕自身もあの女性の発言を 100%の好意を持って受け入れられた訳ではない。ただ、ひとつだけ良かったなあと思うのは、彼女がイラク人全般を嫌いにならなかったことだ。

イラク人全員が悪い人であるはずがない。イラク人全員が日本人を拉致してやろうと狙っている訳ではない。イラク人全員が日本人全員を殺そうとしている訳ではないのだ。

戦争というものは、実は当事国の指導者の割合冷静な採算によって始められるのかもしれない。しかし、それを泥沼化させるのは一般国民の謂れなき敵意である。

今回被害にあったあの女性が、今回のことによってイラク人全般に憎しみを覚えたなら、それは敵対/戦争の原動力となってしまったかもしれない。そして、もしあの3人が(あるいはその後の2人が)殺されでもしたら、日本国民全般がイラク国民全般を憎むことにもなりかねなかった(これは「謂れなき憎悪」とは言い難い)だけに、無事に解放されて本当に良かったと思うのである。

彼らを拉致して、犯人グループが最初に出した声明文はこうだ。

「(前略)日本の国民はイラク国民の友人だ。(中略)しかし、あなたたちはこの友好関係に対し、敵意を返した。(中略)米軍は我々の土地に侵略したり、子供を殺したり、いろいろとひどいことをしているのに、あなたたちはその米軍に協力した(後略)」

ここにあるのは米軍に対する無条件の敵意である。米国国民一般ではなく米軍に対してであれば、それは仕方のないことかもしれない。一方、日本国民については「友人」と位置づけている。その友人が米軍に協力するのであれば、お前たちはもう友人ではなく敵だ──そういう理屈である。

一旦こういう理屈に走ってしまうと、引き返させるのは却々大変なことになる。イスラム宗教者委員会は、よくもこういう人たちを翻意させたものだと思う。解放に際して犯人グループは以下のような声明文を出している。

「(前略)日本の政治家たちは、国民の意思を反映しているのではなく、ブッシュやブレアの犯罪的な振る舞いに従っているということだ。我々は、日本の国民の声に耳を貸すことにした。(中略)日本人たちが占領国に汚されていないことを確認した。日本人たちがイラク国民を応援していることや、家族の悲しみを考慮し、日本国民の姿勢も評価して、次のことを決めた(後略)」

どうだろう? 僕には全く正しい認識、全く正しい判断に思える。犯人グループは日本人全般を日本国政府といっしょくたにした認識から、日本人全員が等しく悪であるという認識から解き放たれたのである。

イラクではこの1ヶ月ほどの間に数多くの外国の民間人が拉致拘束された。その多くは解放されたが、残念なことにひとりのイタリア人が「処刑」されてしまった。

その際の犯行声明文にはこうある。

「国民の安全よりもホワイトハウスにいる主人たちを満足させるほうを優先した」

これはイタリアのベルルスコーニ首相に対する非難である。しかし、国民の安全を侵しているのは他ならぬ自分たちであって、しかも処刑する相手は当の首相ではなく一般民間人であることを考えれば、論理が破綻してしまっているのは明らかである。

このように論理が破綻してしまった人間を相手にしていると、もはや殺したり殺されたりが避けられなくなってくる。

僕は、今回の報道を見て、大多数の日本人やイラク人が、少なくとも論理破綻してしまうところまで至らなかったことを、とりあえず本当に良かったと思うのである。

Copyright©yama-amark【Journal-izm vol.38 2004年5月1日号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ