英語教育の論理

「中高大で10年間も習っていながら英語が喋れるようにならない」──これは学校の英語教育が非難されるときに決まって使われるフレーズである。それに対して学校側はあまり反論しないようなのだが、僕ならこう反論する。

「その10年の間、あなたは授業中ずっと真面目に聞いてましたか?
宿題はやりましたか? 予習復習はどうでしたか?」と。

僕は結構真面目に聞いていたと思う。宿題も予習復習も割合ちゃんとしていたと思う。嫌いな教師や能力が低い教師に当たった場合でも態度は変わらなかったと思う。

現在胸を張って「英語が喋れる」というレベルかと言えば決してそうではないが、それでも自分の英語力の基礎は学校で培われたと言って間違いない。学校に加えて、洋画やポップスから憶えた表現、英語での読書、数少ないけれど実際に外人と喋った経験などを積み重ねて、ある程度は英語でコミュニケーションが図れるところまでは来たと思う。

中学・高校・大学に通ってさえいれば自然に英語が喋れるようになるという、そんな魔法みたいなことは期待しないほうが良いのではないだろうか?

そして、そもそも学校教育にはどこまで「実利」を求めるべきなのだろうか?

英語を習っても「英会話能力」という実利は得られなかった。では、他の教科はどうだったのか?

自分のことを考えてみよう。──小学校から大学まで十何年間に渡って算数/数学を習ったけれど、実際日常生活に役立っているのはせいぜい中学の数学までで得た知識である。ならば、高校・大学の数学は、英語と同じように非難されてしかるべきではないか? 物理や化学をひととおり勉強したにも拘らず、家庭用浄水器の仕組みも地球温暖化の原因もよく理解できない。古文や漢文の知識を今何かに活用しているか? 図工や美術や技術家庭で習ったことが生活の中に活きているだろうか?

答えはノーである。そして、僕はそれで良かったと思っている。

もし僕が今同時通訳になっていたとしたら、中学英語の恩恵を受けていないわけがない。古代遺跡の発掘に携わっていたなら、高校・大学から歴史や地学の知識を積み重ねていった結果だろう。飛行機の設計をしているなら、それは高校で習った物理の延長線上にあるはずだ。

そういう人のために、そういう人たちの可能性の芽を摘んでしまわないために、学校で教えているさまざまな教科は省くことができない。だからと言って、凡そそういう職業につかない大部分の人たちはそういう一部の人たちの犠牲になって退屈な授業を聞かされているのかと言えば、決してそうでもない。

僕らは学校で論理的思考の訓練を受けているのである。英語も国語も数学も社会も理科も、全て論理的思考を身につけるための材料だったと、僕は今さらながら感慨を覚えるのである。

世の中は長らく論理性の時代である。

かつては暴力がまかり通った時代があった。身分がまかり通った時代があった。財力がまかり通った時代があった。そして今、論理がまかり通る時代が来た。いや、まだ充分にまかり通ってはいない。ただ、昔みたいに単に腕力の強い奴が勝ったり、身分とか血筋とかいう根拠のないものに縛られたり、金のないものが不当に虐げられたりする世の中を廃絶して、みんなが納得できる世の中にしようと決めたのである。その納得の基礎となるのは理性であり論理である。共有しなければならないのは論理的思考力である。

英語教育を英会話を中心にシフトしようと言うなら別に反対はしない。ただ、それは義務教育を終えた後の、あるいは高校を卒業した後の専門学校でやれば良いことのような気もする。実利を求める者は自分から選んで勉強するべきものだからである。自ら科目を選択できない基礎教育の場においては、全ての教科は単に論理的思考力養成の材料であって良いと思う。

「日本は法治国家ではなく情治国家である」と言われて久しい。僕自身、周りの日本人の論理破綻にうんざりするときがある。そして、その非論理性を代表する例のひとつが中学英語に対する非難であるような気がしてこんなことを書いているのだが、如何だろうか?

論理的反論があれば拝聴したい。

Copyright©yama-amark【Journal-izm vol.39 2004年6月1日号掲載】

目次へ 次作へ 前作へ