こんな国で暮らしたい

なになに、どんな国で暮らしたいかってか? さすが Journal-izmっつうか、はあ、考えようによっちゃ何だか随分大上段に振りかぶったテーマをかざしてきたもんだね、Macky さん。

そりゃあ、住みやすい国っしょ。若い時だけじゃなくて歳食ってからもね。

まず、食いもん旨くなきゃな。郷土の名産品、つうか、別に郷土の産でなくても良いわけよ。旨いもんが安く入って来りゃそれでいいの。無茶な関税かけたりせずにね。

関税っつうのは外国から取る税金みたいなもんだろ? それで思い出したんだけど、税金とか年金とか、そういう国に払わなきゃなんねえものはちゃんと払うけどさ、公平にしてもらいたいよな。うん、そういうのが公平な国に住みたいもんだ。

あと自由にもの言える国な。まあ、今どきなんか言っただけで監獄に入れられるような国は珍しいんだろうけど、そういうレベルじゃなくってさ、みんなが他人を尊重してさ、何言っても無闇にバッシングされたりしない国に住みたいんだよ。

それから、そのことをもうちょっと広げて言うとね、他の国の情報がたくさん入ってくる国でさ、他の国の人が何考えてるか常に意識してるような国に住みたいなあ。そうすると国際紛争も少なくなるわけでしょ? 国際紛争になって戦争に駆り出されるなんてヤだもんね。あ、この歳になるとそれはもうないか?

そんなこといろいろ考えるとさ、これらのことが当てはまってる国って一体どこなんだろう?

え? 日本?

うん、確かに当てはまってるよな。ただし、全部中途半端にね。
先は長いね──いや、俺の人生じゃなくて日本の将来。

Copyright©yama-amark【Journal-izm vol.40 2004年7月1日最終号掲載 最終回の企画として「こんな国で暮らしたい」という共通テーマで投稿を募ったもの】

目次へ 前作へ