第1章 気さくな本のセールスマン

本を読むという行為が、僕の場合その記録をつけるという行為に繋がり、そしてそれがいつしか書評を書くという行為に繋がってしまった。今回は書評というものに対する僕の考えを書いてみたい。

オンライン・ブックストア bk1 に投稿した書評をお読みいただいている方の中にはあるいはお気づきの方があるかもしれないが、僕は取り上げた本を貶さない。欠点を指摘することはあっても全体としては褒めるようにしている。★から★★★★★まである採点欄には★★★以上しかつけていない。

なぜか? 僕は書評というものは販売促進の一環であると考えているからである。

「そんなものは書評ではない!」と言う人もいるだろう。「悪いものは悪い/ひどいものはひどい」と何に気兼ねすることなく指摘してこそ自由な批評精神の発露である、と。

確かに一理あるんだけど、僕は要するに作品をそんな風に断罪したくないんだな。

たとえ僕が読んでどんなにひどいと思っても所詮それは僕独りの感じ方に過ぎない。僕以外の人が読めば、中にはきっと「面白い」と思う人がいるはずで、僕はその機会を奪ってしまいたくないのである。

もちろん僕が貶すと誰も読まなくなるとまで自惚れているわけではない。しかし、あまり悪し様に書いてあると読む気が薄れてしまうのも確かでしょう? つまり、そういう余計な作用を及ぼしたくないのである。

そもそも bk1 という、本を売るためのサイトに投稿する書評である。そんなところで自由な批評精神の発露を気取ってみても仕方がないと思う。それよりも、少しでも本が売れるお手伝いをしたいと思うのである。

本はまず売れなければならない。そして、読まれなければならない。書評はその入り口の標識である。僕はそこに進入禁止のマークを置きたくないというだけのことだ。

だから、ちょっとやそっと「ひどいなあ」と思っても何とか褒める手立てを思い描いてみる。「こういうところについては、僕も良いなあと思った」みたいなことを書こうと思う。

僕とは感性の違う人が、僕が読んでつまらなかった本を買って読んで、それで「面白かった/感動した」と思う可能性に賭けてみたいのである。そのためには、まず一人でも多くの人にその本を買ってもらわねば。そういうわけで僕の書評は販売促進への貢献を目指すのである。

中には僕の書評を楽しみにして読んでくれている方もおられるようで、まことに有難うございます。

そういう方には是非、この yama-a という書評家の癖なり傾向なりを感じ取ってほしい。そして、それが自分の感性に近いのか遠いのか、どういう類の書物の場合は当を得ていてどういうジャンルの場合は的外れなことを書きがちなのか、どういうことにこだわってどういうことは見逃しがちなのか、その辺を自分の本選びのヒントにしてほしいのである。

僕はオーソリティになんかなりたくない。気さくな本のセールスマンでありたいと望んでいるのである。


[追記]

ところで、上で「★★★以上しかつけない」と書いたが、実は「評価保留」にした例が2つだけある。

ひとつは、自らが著者の一人である『熱い書評から親しむ感動の名著』。もう1冊はどうしても★3つつける気にならなくて保留にせざるを得なかったから。いやいや、あえて探したりしないでね。

Copyright©yama-a Nov.2004mark

目次へ 次作へ 前作へ