第2章 書評の書評に関する不思議

前回書いたのに続いて、今回もまた bk1 の書評の話。

もうここでは何度も触れたけど、『熱い書評から親しむ感動の名著』という本の執筆者の一人に加えてもらった。執筆者は全員 bk1 の書評投稿者、しかも常連と言える人たちばかりだ。

で、この本が出版されると当然 bk1 のサイトで書評を受け付けることになる。で、実際に何本かの書評が寄せられ、かく言う僕も書評を投稿したのだが、投稿者全員が(多分)この本の著者だった。

自分が書いた(とは言え「部分的に」だが)本の書評を書くというのは却々難しいものだというのは解る。しかし、それにしても読んでみてびっくりした点があった。

皆が皆、「アマチュアの投稿者が書いた本である」こととか「ウェブから生まれた本である」ことの意義を称えたり、あるいは読書そのものの楽しさを述べたりするばかりで、どこにも内容に具体的に触れた人がいないのだ。

そんな意義とか抽象論で本を読むものだろうか?

具体的に触れようとすると、言わば執筆者仲間の文章にあれこれ言うことになり、それなりに気を遣うということはよく解る。だったら別に貶すのを避ければ良いだけのことである。いいなあと思った書評を褒めれば良い。なのに、誰もそれを書かずに、意義や抽象論ばかりなのだ。

いや、「この本に収められた66本の書評はどれもこれも素晴らしい」みたいな記述はあった。本当にそう思う? そんなことってあるんだろうか? たとえ本気でそう思ったとしても、そのあとに「中でもこの書評が一番○○だった」みたいな指摘が続かないのは何故?

そもそも書評などというものはわざわざお金を払って本を買ってまで読むものではないので、この『熱い書評から…』という本はあまり売れないだろうなと思う。しかし、そんな本でも少しでも売れるように書こうとは思わないのだろうか?

前章に書いたように、私の考えでは書評は本を売らんがためのもの、人を読む気にさせるためのものである。一般的にもうちょっと拡大すれば、どんな本なのかの予告編であり、読者予備軍にキャッチーな情報を与えるためのものなのである。

意義や抽象論を書いて読む気にさせられるだろうか? 予告編たり得るだろうか? キャッチーな情報源となるだろうか? 人は滅多に意義を認めて読んだりしない。中身が具体的にこんなに面白いよという記述(「全部面白い」という表現は説得力に欠ける)をしないと、それは(僕の考える)正しい意味での書評たり得ないのである。

だから僕は「夏の雨」さん、「みーちゃん」、「とみきち」さん、「爪子姫」さんの4人の執筆者と彼らが選んだ本、及びその書評について具体的に書いた。また、「馴染みの書評家/頼りになる書評家」の例として他に「KANAKANA」さん、「ろこのすけ」さん、「ソネアキラ」さん、「南亭骨怠」さん、「オリオン」さん、「深爪」さんたちの名を挙げさせてもらった。僕の好きな書評家たちだ。

僕がそういう投稿をすれば誰か続くかと期待したが、結局具体的な記述をしたのは僕だけだった。不思議。

みんな、執筆者のうちの何人かの名を挙げることさえ躊躇してるのだろうか? 「この書評家は好きだ」とか「この書評は良かった」とさえ口に出して言えないのだろうか? 何か思うところがあって敢えて言わないのだろうか? 不思議。

前章で述べた「自由な批判精神」を発揮して、「この書評は的外れである」みたいな書評も付くのではないかと内心恐れていたのだが、僕の予想は見事に外れた。

なんだかつまんねーの。みんな筆が鈍ってるよ。

Copyright©yama-a Jan.2005mark

目次へ 次作へ 前作へ