圧倒的な本

僕は基本的に面白いから本を読んでいる。読んでみて面白かったからさらに別の本を読むのだ。何かのためになるからという読み方はあまり好きではない。

いろんな本が読みたくなる。主に小説だが、評論や、時には数学書まで読んだりもする。面白い本、元気になる本、知的好奇心を満たしてくれる本、青春時代が甦ってくる本…。

そんな中で、重い本が読みたい気分のときは大江健三郎を読むという話を以前書いた。そして、「重い」と言うのとはちょっとニュアンスが違って、「圧倒的な」本を読みたくなることもある。そんなときに打ってつけなのがドン・デリーロでありリチャード・パワーズである。

「圧倒的な」というのは却々難しい。構成が良くても文章が巧くないと圧倒的な出来にはならないし、構成と文章が良くてもテーマ自体がやや軽かったりすると、やはり「圧倒的」という印象は残せない。

デリーロとパワーズは圧倒的としか言いようのない作家である。現代の日本ではこの手の作家を知らない(もちろん僕が知らないだけのことであって、決して日本文学を断罪しているつもりはない)。

デリーロの『アンダーワールド』なんてホントによく読んだものだと思う。上下巻それぞれ600ページずつもあるのだ。テーマはアメリカ、あるいは世界である。これだけ膨大なものはまず書けない。根気さえあれば書けると言うものではない。構想の力というものを見せつけられる作品である。

読んでいるうちに、いや冒頭からすでに訳が解らなくなる。何度も何度も読み返しながら、苦難に苦難を重ねて読み続けて行くと、最後まで読み終わったときに圧倒的な感慨が得られるのである。圧倒的な感動であるとは限らない。圧倒的な感慨であり、感嘆である。

その後『ボディ・アーティスト』、『コズモポリス』と読んだ。『ボディ・アーティスト』はもう少し日常的な小説だ。だが、これも不思議に尾を引く。そして、『コズモポリス』──これまた圧倒的である。今度のテーマは身体性である。やはり読むのに難渋する。読み終わったときの消耗度が激しい。しかし、その消耗と引き換えに手にする感慨も非常に大きいのである。

パワーズはまだ2冊しか読んでいない。『舞踏会に向かう三人の農夫』はもう訳分かんないお化けみたいな小説だった。これも大著だし話は交錯しまくるし、読むのが非常に苦しかった。

いまいち消化不良のまま終わった『舞踏会に向かう三人の農夫』に比べて、『ガラテイア2.2』は明快なストーリーがあって解りやすい。とは言え、読んでいる途中で、と言うか、1ページ目の最初の行からして考え込んでしまう。2つの話が交錯しまくるし、コンピュータ関係、脳神経医学、英文学(しかも人類のほぼ全歴史に亘って)などものすごく広い領域に拡散する。レトリックが飛び交う。頭がクラクラしてくる。

何故こんな本を読むのだろう?と人は言うかもしれない。しかし、僕が知りたいのは、何故こんな本を書くのだろう? 何故こんな本が書けるのだろう?ということである。

もちろん、読んだってその答えは得られない。しかし、だからこそまた、その答えを求めて読んでしまうのである。

Copyright©yama-a Feb.2005mark


ドン・デリーロ作品への書評(ブログ掲載分)

リチャード・パワーズ作品への書評(ブログ掲載分)

目次へ 次作へ 前作へ