ラップで、ピカソで、夜の星座

最近、街の大書店に行くとその度に「文学」の棚が縮小されているような気がする。縮小される理由は単純で、売れないからだ。

文学が売れない、読まれない。前提として「本自体が売れない、読まれない」という面もあるだろうが、文学が敬遠されて所謂ライトノベルみたいなものなら読まれるという風潮もあるだろう。

一般的に言って、長文、真面目なもの、読み解く力を必要とするものが全て敬遠されているのではないだろうか?
短く軽く読み流せるものしか手に取らない人が増えているのではないだろうか?

何を手に取ろうがそれは個人の自由であって、それをとやかく言うつもりはないのだが、注意しなければならないことが1つあって、それは作家と読者は自然と相互作用しながら自分のレベルを決めて行くということだ。

読者が長文を読み切る根気を失うとき、作家は長文を書き切る体力を保持できなくなるだろう。
読者が真面目を嫌うとき、作家は悪ふざけをはじめるだろう。
読者が読み解く力を養わないとき、作家は全体を構成する気力を失うだろう。

そして、上記の逆、つまり作家の側から読者の側への作用も同様に起こる。これはある種の悪循環ではないだろうか?

ところで、上では「文学」と「ライトノベル」の対立構造みたいな図にしてみたのだが、現実には全ての小説が文学とライトノベルに大別できるわけでもない。にもかかわらず、両陣営の分裂みたいなものは厳然と存在する。

舞城王太郎の作品をライトノベルという範疇に入れて良いのかどうか知らないが、少なくとも古き良き文学の陣営から「あんなもの小説ではない、文学ではない」と酷評されることはあっただろう。確かに、どの小説も一見メチャクチャである。

ただ、彼の作品はどれを読んでも(と言っても僕は3冊しか読んでいないけれど)軽くもなければ読み流せる類のものではない。明らかに読者の力量を引き上げてくれる、そういう意味では「文学」なのである。そういう意味では新しい文学なのである。

初めて読んだ『阿修羅ガール』に大きなショックを受けた。次に読んだ『九十九十九』はちょっとしんどかったけれど、やっぱりある種感心した。その次に読んだ『好き好き大好き超愛してる。』で再びぶっ飛んだ。

僕は読んだ本の内容をすぐに忘れてしまって、読んだ直後でなければちゃんと思い出して書けないので、bk1 に投稿した文章を読み返してみよう。

『阿修羅ガール』では「ラップだね、これは。そう、ラップのリズム」と、『九十九十九』では「でも、これは言うなればピカソなんですね」「ハチャメチャに見えて、バラバラのドロドロに見えてその奥にきらりと光るものを感じさせる」と、そして『好き好き大好き超愛してる。』では「何故かスルスル読めてズルズル引き込まれて、結構ウルウル来たりしてしまう」「破天荒な話の中に愛の真理に触れた良い言葉が星のように散りばめられている」などと書いている。

そう、舞城王太郎はラップで、ピカソで、夜の星座なのである。ヒップホップで芸術でハチャメチャなのである。

これが文学かライトノベルかなどと考えるのは意味がないが、僕が書きたいのはそういうことではなくて、舞城の作品は正調「文学」みたいに堅苦しくないしポップだし、そういうことから考えると従来正調「ライトノベル」しか読まなかった人が手を出してくれれば良いなあと思うということだ。

舞城王太郎は明らかに読者の力量を引き上げてくれる作家である。

『好き好き大好き超愛してる。』の書評の結びの部分に僕は書いている──「ともかく、なんかすごくない? すごいよ、これ!」──全く具体性に欠けてはいるが、これが舞城に対する本当に正しい評価なのではないかと思う。

Copyright©yama-a Apr.2005mark


舞城王太郎作品への書評(ブログ掲載分)

目次へ 次作へ 前作へ