第6章 感性と話芸の文学

川上弘美。実は3冊しか読んでいないのだがいつも感じることは同じ。文章の巧さ。観察力。

川上弘美は文章が巧い、などと言うと語彙の話に矮小化されてしまいそうだが決してそれだけではない。

確かに語彙の豊富さはある。いや、単に語彙自体が豊富なのではなく、ニュアンス豊かな言葉を知っているのだ。遠い昔に死んでしまった言葉を掘り起こしてくるのではなく、放っておくと間もなく死んでしまいそうな言葉をひょいと拾い上げて原稿用紙に乗っけてくる。

辞書を引かないと解らないような難解な単語ではなく、「そう言えば昔おばあちゃんがよく言ってたなあ」みたいな言葉を甦らせて来るのである。妙に懐かしいだけではなく、その言葉でなければそのニュアンスを伝えられない言葉を的確に見つけてくるのである。

だが、彼女の文章の巧さはそれだけではない。丁寧に刈り込まれた文章。無駄も混乱もない。以前 bk1 の書評に書いた表現をもう一度使えば、植木屋が入った後の庭みたいな文章。

そして、構成の確かさ。組立ての妙。全体につるんとして何の技巧もないようでいて、実は話の起こし方、進め方、閉じ方をちゃんと心得ている。

でも、それだけなら驚かない。いつも驚かされるのは彼女の感性である。

彼女は僕らと同じものを見て違うものを出してくる。それは、僕らと同じものを吸収しているのに魔法みたいに違うものを出して来るというのではない。彼女はそもそも僕らと同じものを見ながら違うものを吸収しているのである。僕らに見えていない面を見て、僕らが感じられないことを感じて、僕らが消化できないものを消化しているのである。

だから僕は彼女の作品を読むたびに「あ、これは敵わないなあ」と思う。そもそも人間としてのあり方からして、人間としてのスタート地点から違っているのである。

冒頭に観察力と書いたけれど、厳密には観察力ではない。僕らがどんなに一生懸命神経を集中して観察しても、所詮彼女と同じものを感じることはできない。それはまさに感性である。

そして、その感性が消化されて文章になったものを読むことによって、僕らは初めて川上弘美の感性を追体験できるのである。

それは非常にデリケートな感性である。僕らが容易に入り込めない心の微細な世界にするりと入り込むような、そんな体験をさせてくれる。僕らが知っていたり経験があったりするのに、そのことを忘れていたり、とても自分では表現できなかったりしたことを、彼女が思い出させてくれるのである。

概してストーリーの起伏は小さい。しかし、そういう感性に支えられて、植木職人が刈り込んだみたいな文章に乗せられて、僕らは自然と彼女の世界に引き込まれてしまう。

ここまで来ると、それはもう「芸」の域である。それが川上弘美の話芸の文学でなのある。


【追記】

実はこのコーナーの前シリーズで「川上弘美はもう読みたくない」と書いた

『センセイの鞄』に続いて『パレード』という2番煎じが出たのが気に入らなかったのだ。続編が出るのは構わない。だが、問題は第1作の『センセイの鞄』ですでにセンセイが死んでいるのに、なんか無理やり2匹目のドジョウを狙ったような気がして、それが気に喰わなかったのである。

それで本当に暫く川上弘美を読まなかったのだが、それから幾許かの時間が流れるうちにまた読みたくなってしまった。結局2年以上過ぎてから2冊目『光ってみえるもの、あれは』を読み、さらに1年以上経ってから3冊目となる『古道具 中野商店』を読み終えた。

いやはや、まったくもって研ぎ澄まされた感性、卓越した話芸である。

Copyright©yama-a Jun.2005mark


川上弘美作品への書評(ブログ掲載分)

目次へindex 次作へnext 前作へprevious