第8章 そう遠くない予告

このコーナーの次の原稿が書けない。相変わらず同じ作家ばかり追っかけているからだ。ここでは僕の本棚に3冊以上の本が並んでいる作家を取り上げると決めて書いているのだが、そのリストが広がって行かないのである。

何人か僕にとって新しい作家も読んではいる。

この2年間くらいを見ると、森見登美彦、綿矢りさ、堀江敏幸、カズオ・イシグロ、伊坂幸太郎、森博嗣、矢作俊彦、奥田英朗、長嶋有、前川麻子、ギルバート・アデア、なぎら健壱、レベッカ・ブラウン、ジュンパ・ラヒリ、木内一裕、ロビン・ウィルソン、ニコルソン・ベイカー、角田光代、京極夏彦、島本理生、瀬尾まいこ、姫野カオルコ、山田詠美…。

中には随分と感銘を受けた作品もあって2冊目を読んだ作家もいる。しかし、3冊目に繋がらない。何故だろう?

思うに、良い作家に行き当たってもその作家を何冊も続けて読むようになるためには、僕の場合いくつか条件が揃わなければならないようだ。まず、その作家が多作であること。ともかく次の作品をどんどん発表してくれないと、ファンとしては追随の仕様がない。

それから、今度は逆に、僕が初めてその作家を読んだ時点で既にあまりたくさんの作品が出版されていないこと。なにしろ僕は新しいもの好きで、古い作品を遡って読む気には却々ならないのである。

それに加えて僕は長編好きである。短編集ではなく、なるべくなら長編を読みたいのだ。

以上を考え合せると、僕が初めて読んだあと立て続けに長編の新作を2つ発表してくれれば良いのだが、それはそうそうあることではない。上に挙げた作家の中には実はそういう人もいるのだが、それでも読んでいないのは実はそれほど食指が動かなかったということなのである。

まあ、みんなに言われるのだが、僕は結構難しい人間である。

例えば、大好きな恩田陸の作品なら片っ端から読むかと言えばそうではなく、何冊か読んで行くうちに同じ恩田陸の作品の中にも好きなものとそうでないものが分かれてくる(もちろんそれは非常に守備範囲の広い恩田陸という作家ならではの現象なのであるが…)。

恩田陸に関して言えば、僕は本格ミステリや本格SF、あるいはファンタジーのいずれにもさしたる興味がなく、例えば『黒と茶の幻想』や『夜のピクニック』みたいに、何でもない何も起こらない作品が好きだ(『木曜組曲』なんかもそれに近いかもしれない)。

何も起こらないほうが作家の力量は如実に明らかになる。作家の文章力が白日の下に晒される。そういう状況下で見事に描き切ることのできる巧い作家が好きなのである。

そんな中、先日山田詠美の『風味絶佳』を読んだ。文句なく巧い! こんなに驚いたのは綿矢りさの『蹴りたい背中』以来である。

できれば新作を読みたいのだが、すぐに出ないようなら多分旧作を買うだろうという予感がある。久々に胸がときめく思いである。

彼女はあまり本を読まないティーンズに人気があると言う。そういう作家をきっちり評価して大いに勧めてあげるのは僕たち大人の使命である。

そう遠くないうちにこのコーナーで取り上げることになると思うのでお楽しみに。

Copyright©yama-a Feb.2006mark

目次へ 次作へ 前作へ