第9章 また本を売る

前のシリーズの付録に「本を売る」という文章を書いた。今回「また本を売る」という文章を書いたのは、久しぶりにまた本を売ったからである。

何度か書いているように、僕は本を本棚一杯分しか所有しない。溢れてくると売るわけだが、この2年間は単身赴任で東京にいたので本棚は西宮の自宅に置いたままで、従って本棚は溢れずに済んだわけである。

で、当たり前のことだが、2年の間に東京で読んだ本を持って帰ると本棚は一気に溢れたのである。

ところで、これまた以前書いたように、本を処分しようとすると、気に入った作家の作品は全部残そうという気になるので結局本棚の中味が固定化してくる。同じ作家の本ばかり並んでくるわけだ。

今まではその方針で本の整理をしていたのだが、さすがにそれでは埒が空かなくなってきた。好きな作家の作品を全部残すだけで本棚の容量を超えてしまうのである。それに、無理やりこんなことを続けているといつかは僕の本棚は1人か2人の作家の作品だけで埋まってしまうはずだ。

で、方針を転換した。全作品残すのはよほどの作家の場合だけにする──今回村上龍や恩田陸はその選から漏れることになった。少し前に「全作品残し」対象から外していた荒俣宏についてはさらに何冊か外した。

そして段ボール2箱に詰めた108冊。ふむ、なんということか、煩悩の数だけ本が溢れたのである。

その煩悩と同じ数の本を売った相手は、前回と同じ eBOOKOFF(イーブックオフ)である。

前回、2003年の12月に売った時には 58冊で 3,770円。平均単価 65円である。で、今回はと言えば、108冊で 2,775円。平均単価は 25円ちょい! なんという値下がりぶりだろう。

前より値打ちのない本を売ったつもりはない。内容的には優劣なかったはずである。そして、僕は従来いわゆる「帯」を全部捨てていたが、今回は初めから売ることを想定していたのでかなりの本に「帯」が残っていたはずだ。本の状態全般を見ても前の時より傷みが激しいとも思えない。

帰ってきた値付けのメールを熟読すると、108冊のうち 10冊は「資源リサイクル」としての買取り、つまり「本」とは認めてもらえず「資源ごみ」として回収されたのである。これが 10冊で 10円。おお、可哀想な本たちよ!

残り 98冊のうちコミック1冊が5円(これは『西荻夫婦』である)。あとはどれが幾らか全く教えてもらえず 97冊で 2,760円。これでも平均単価は 30円に届かない。前回の半値以下である。

多分2年半前より本を売りたい奴が増えたのだろう。あるいは古本を買いたい人が減ったのかもしれない。

「需要と供給で価格が決定する」という近代経済学の基本的な法則。僕はマル経だったからよく知らないのだが、いやはや淋しい法則である。次回売る時には1冊当たり 10円を切るのかもしれない。

Copyright©yama-a Aug.2006mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次作へ 前作へ