第13章 洛中マジックに憑かれて

長い間休眠状態にあったこのコラムに久しぶりに新しい章を書き加えてみた。

そもそもこのコラムでは僕の本棚に少なくとも3冊は本が並んでいる作家を取り上げることにしているのだが、同じ作家ばかり読んでいたり、新たな作家を取っ替え引っ替え読んでいると新しい題材が得られないのである。更新の日付を見ると、どうやら2年ほどそんな状態が続いたようだ。

で、今回晴れて3冊読破して新しい章に加わったのは森見登美彦である。森見の著書では『太陽の塔』、『夜は短し歩けよ乙女』、『宵山万華鏡』を読んだ。

2004年の2月に『太陽の塔』を読んだ時には、「あ、この作家は多分この作品だけで消えるな」と思った。いや、と言うより、「果たしてこの作家に次作が書けるのだろうか?」という感じだった。

『太陽の塔』自体は大変面白い読みものだった。京大生である森見が自ら京大生を戯画化した青春小説であり、恐らく京大生でなければここまで皮肉と自虐に満ちた描き方はできなかっただろう。僕などはむしろ京都や京大と全く接点のなかった人にとって果たしてこの小説は面白いんだろうかという心配さえしたくらいだ。

だが、京都や京大生にまつわる少しデフォルメした記述が単に面白いというだけではない。青春期に(あるいは京大生に)いかにもありがちな独善性とやみくもなエネルギーと、それが空回りする哀しさと恥ずかしさを余すところなく書き切っているところが見事だと思った。

で、こんなに褒めておきながらどうしてこの作品だけで消えると思ったかと言えば、京都とか京大生というテーマではこれ以上新作を書きようがないではないかと感じたわけだ。

大変良く書けたデビュー作ではあったが、森見もともかく身近なところ(と言うか自分自身)に材を得て書いてみたのだろう。そして、これは僕の想像だが、この時点では彼自身も次に何を書いて良いのか明確なイメージはなかったのではないかと思う。

そういう評価をしていたので、次作も次々作も読まなかったのだが、2年半後に出た『夜は短し歩けよ乙女』があまりに評判が良いので久しぶりに手に取ってみたのである。

で、いの一番の読後感は「なんや、書けるやんか!」ということだった。筆の自由度が上がったように見えた。そして、「あ、こっちのほうに進んできたか!」と思った。「こっちのほう」とはやや幻想譚めいた展開のことである。

そういう要素を加えたことによって、言わば京大生の四畳半の下宿に閉じ込められていた小説世界が広く京都の街に、そして深く京都の歴史の中に広がり浸みこんで行ったような気がする。

こういう路線と言うのは、実は同じ京大出身の同年代の作家である万城目学にインスパイアされた面もあるのではないかな、というのが僕の推測である。

しかし、ここでも主人公は「へたれ」の京大生であり、一番の面白さはそのデフォルメ具合であるところはデビュー作と何ら変わりがない。

それがもう一段ランクアップしたのが『宵山万華鏡』ではないだろうか。

ここでは依然として舞台は京都ではあるが、京大生あるいは京大出身者と明記された人物は1人も出てこない。もうこの作家はそのように自らを縛っていた桎梏から抜けだしたのだろう。そして、幻想譚的な展開は前作を踏襲しているのだが、前作の時よりも明らかに腕を上げている。

いつの間にかこの作家はこんなにしっかりと余韻を描けるような作家になったのである。ひょっとすると彼自身が洛中マジックとでも言うべき何かに憑かれたのかもしれない。

良い作家に成長してくれて、他人事でないような悦びを感じてしまう僕であった。

Copyright©yama-a Nov.2009mark

目次へ 次作へ 前作へ