第14章 数学本ブーム

ここのところゆっくりとした数学本ブームみたいなものが来ているように思う。いつからかと言えば小川洋子の『博士の愛した数式』以来ではないだろうか。あの本が普段数学から離れていた人を数学に引き戻した気がする。

「数学から離れていた人」とはどんな人かと言うと、ほとんど全ての人である。高校や大学を卒業すると、数学の教師や研究者を別とすれば、よほど特殊な職業に就いていない限り数学とは無縁になる。

でも、考えてみれば僕は数学が好きだった。──そう思う人も何割かはいるはずである。僕もそのうちのひとりだ。数学は苦手科目だったけど、好きだった。

ただ、そういう人にとっては、一旦学校を離れてしまうと数学の本を読む機会なんて全くなくなってしまうのである。なぜなら読むに相応しい数学関連の本が売っていないから。数学に絡んだ本は概ね専門書であり、一般人が読むにはあまりに敷居が高すぎたのである。

そういう状況の中、小川洋子がああいう形で数学の面白さを一般人の読書空間に引っ張り出してくれたのである。ああ、自分は数学が好きだったんだ、と思い出せてくれたのである。

あの小説が刊行されたのは2003年であった。それから、ゆるやかな数学書ブームが来た、と僕は考えている。いや、『博士の愛した数式』のような数学小説が後に続いたという意味ではない。ああいうジャンルのものはそうそう書けるものではないだろう。ただ、一般人にも読める、数学の面白さを書いた本が続いたように思う。

例えば僕の読書遍歴の中から時系列的に抜き出して行くと、

最初の2冊は『博士の愛した数式』よりも前だ。これは僕が前から実は数学好きだったということのささやかな証左かもしれない。でも、『博士の愛した数式』以降数学本の読書ペースが上がっているのが判ると思う。

これ以外にも、コンピュータ関連の本を挙げると枚挙に暇がないし、もう捨ててしまってタイトルも判らないので書かなかったが、一時期ブームになったインド式の暗算法の本も2冊ばかり読んだ記憶がある。

で、この中で小説はわずかに『算数宇宙の冒険』と『数学ガール』だけである。ただ、未読の前者は別として、後者は形こそ小説であるとは言え、純粋に小説としてのレベルは『博士の愛した数式』と比べるのは可哀想なくらいのものである。ことほどさようにそういう取り組みは難しいのである。だから、小川洋子は同工異曲の作品を書いてはいないし、逆に結城浩はこの作品のヒットに気を良くしてシリーズ化しているが、僕はこれ以外は読んでいない。

小説という形は、数学から離れていた人を数学の世界にいざなう入り口としては適切かもしれないが、本当に数学の面白さを深めて行くためにはいつまでも必要なものではない。

それは例えば『天才数学者たちが挑んだ最大の難問』のような伝記であったり、『πとeの話』のような問題と証明の羅列でも構わない。入ってしまえばもうどっぷりと直接的に数学で構わないのである。数学というのは、実はそういう「生のままでもおいしい」食材なのである。

ただ、見た目がとっつきにくい。それを取り外して見事に調理してくれたのが小川洋子の『博士の愛した数式』であったと思う。

数学は愉しい。それを、僕だけではなくみんなに思い出させてくれた小川洋子に感謝したい。

Copyright©yama-a May.2010mark

目次へ 次作へ 前作へ