第16章 セックス小説

「セックス小説」というジャンルがあるのかないのか知らないが、ちょっとそういうものを取り上げてみようと思う。話の中にセックスが出てくる小説、ということではない(そんなものは山ほどある)。セックスの占める割合が多い小説ということでもない。「官能小説」というのとも違う気がする。

なんと言うか、セックスを描いた小説のことである。官能小説というのは、多分それを読んで興奮することが目的なのだろうが、そうではなくて(別にそうであっても構いはしないが)、セックスを描いた小説のことである。

僕もそんなものをそんなにたくさん読んだわけではない。ただ、いくつか頭に思い浮かぶ小説があるので、そのことを書いてみようと思った。

そんな風に言うと、例えば山田詠美や村上龍などの名前が思い浮かぶ人もいるかもしれないが、彼らの作品はセックス小説と呼ぶには広すぎる。もっとセックスを描くことに専心している感じの小説のことを取り上げたいのである。

最初に思い浮かぶのは、前川麻子の『すきもの』。短篇集である。タイトルも凄いが中身も凄い。AV男優、レスビアン、ホモセクシュアル、痴漢、スカトロ──設定からしてため息が出る。そして巧い。

読んで興奮するかどうかというよりも、よくもこれだけ見事に性というものを捉えたなあと感心するのである。だからこそ、官能小説と言わずセックス小説と呼びたいのである。

そして、もう一冊短篇集。南綾子の『ほしいあいたいすきいれて』──こっちのタイトルのほうがなおさら直截的で凄い。やってくれるなあという感じ(笑)

こちらは表題作と「夏がおわる」の2作しか入っていないのだが、後者のほうが圧倒的にキレがある。ちょっと頭が弱くてセックスが好きな女の子の話なのだが、セックスした日に必ず出会う小学生の男の子が出てくる。

お読みいただければ解ると思うのだが、こういう深い話はセックスが好きなだけでは決して書けないのではないだろうか。

思えばセックスの本質を書かせると、男性よりも女性のほうが巧いように思う。男性が書くと往々にして自分の願望、と言うか、妄想を書いてしまいがちなのであり、結局は「そんな女はいないだろう」ということになってしまう。

女性が書くと、そこら辺にいくらでもいる女の子の話にはなっていなくても、なんかセックスという行為の中心の、柔らかいところを突いてくるような印象があったりする──などと感じるのは僕が男性だからだろうか?

そんな中で割合最近読んだ、男性作家によるセックス小説がある。樋口毅宏の、タイトルもズバリ『日本のセックス』。これは長編である。で、この小説は紛れもないポルノである。そして、何と言うか、これは正常位のセックスではない。全編変態である。たまに吐き気を催すアブノーマルである。

だが、セックスというものを余すところなく描き切っている。恐ろしいセックス文学であると思う。僕が今回「セックス小説」というタイトルで一文を物してみようと考えたのは、他ならぬこの小説を読んだからである。

あ、こういうジャンルってあるんだ、と思った。そして、過去に読んだものの中で、そこに分類しても良い小説ってあったかな、と考えたのである。

実はその時に真っ先に思い出したのは外国の小説で、確か『彼女』というタイトルのものだった。僕はこのコラムの冒頭にも書いたように、本をどんどん捨てて行くので、この小説ももう僕の本棚にはない。

残念ながら著者名も、著者の国籍さえも思い出せない。ただ、中年のカップルが一日中、朝から晩まで、何回も何回もセックスする話である。こんな話で小説を組み立てようとするのも凄いなあと思った。

で、確認しようとして検索してみたのだが、「彼女」で検索するととんでもない数の作品が出てくる。題名の一部に「彼女」が出てくるのではなく、タイトルが「彼女」という小説(それも僕の記憶違いでないとは言い切れないのだが)を探すためにいろいろ手も尽くしたが、結局見つけられなかった。ご存じの方があれば、どうか教えてほしい。

なんであれ、セックスというのは人間の生活の中でかなりベーシックなものである。食事や排泄のように、しなければ生きていけないものではないが、しかし、生物として繁殖のための衝動は本来しっかりと刷り込まれているはずの行為である。

そういう行為を、「作品に織り込む」のではなく、そのものを描く文学がもっとあっても良いような気がする。

あるいは僕が寡聞にして知らないだけかもしれない。僕とてそういうものを常に追い求めているとは言えないので。もっともっと優れたセックス小説が世の中にはあるのかもしれないと思う。

Copyright©yama-a May.2012mark

目次へ 次作へ 前作へ