第17章 単なる達人ではない

僕は今までに丸谷才一の本を3冊読んで、3編の書評をかつての bk1 のサイトに投稿した(今ではブログに転載している──『輝く日の宮』『裏声で歌へ君が代』『持ち重りする薔薇の花』。そして、このコラムの「同じ作家の本が本棚に3冊並んだら取り上げる」というお約束に基づいて、今この文章を書いている)。

ほとんど書評を書くたびに書いているのが、僕がかつて丸谷才一に対して持っていたイメージであり、そのイメージのために僕が丸谷才一を長らく敬遠していたという事情である。

その一番大きな原因は、彼が旧仮名遣いで書いているということである。とにかく「日本語の達人」というイメージが強いのだが、それはそれとして、なんでいまだに旧仮名遣いなんだ!?という気がして、とても読む気にならなかった。

それでも遅まきながら3冊読んでみて分かったことは、

  1. 旧仮名遣いであることは読む上で全く支障にならない
  2. 「日本語の達人」であるだけでなく、この作家は「知の巨人」である
  3. にも拘わらず、書いたものに衒学的なところ、偉そうなところがない
  4. 文章の完成度もさることながら、ストーリーの転がしが上手い
  5. むしろその小説で扱っている世界に疎い者でも楽しく読める

などなど、読めば読むほど発見があり、読み進めば読み進むほど引きこまれてしまう。

『裏声で歌へ君が代』では台湾の独立問題を中心とする政治的なテーマ、『輝く日の宮』では『源氏物語』、『持ち重りする薔薇の花』ではクラシック音楽と、僕が読んだ3冊だけでもこれだけの広がりがある。その3つのテーマで僕が詳しいものは何一つない。

なのにそのことはこれらの小説を楽しむ上でのハンディキャップにならないし、作家がそれらの知識を「どうだ参ったか」風に広げてみせることもない。

日本語の巧さは特に感じさせない。それは本当に文章が巧い証拠である。読んでいてほとんど引っかかるところがない。しかし、ときどき「持ち重りする」などという、作家らしいビッグワードを不意に持ちだしてきて、アクセントをつけたりしてくれる。

正直、ああ、こんな面白い作家を自分は読まずに来たのか、という気がする。

そもそも、僕は権威とか大御所とかいうものに対して無条件の反発を覚える。古典的な大著よりも同時代の作家を読みたいと思う。

そういう思いが、丸谷才一の本を何冊も何冊も読むことを妨げている面はあるかもしれないが、しかし、この人の本は何冊読んでもきっと面白いのだろうなと思うのも確かである。

ただひとつだけ、読んでいていつも少しだけ気になるのは、服装の描写である。特に若い女性の登場人物を語るために服装について述べているところを読むと、「なんか、ちょっと、ダサくない?」と感じることがある。

まあ、年配の作家だから仕方がないのかもしれない。

ただ、再三述べているように、そんなことは彼の小説を楽しむ上で、何の問題にもならない。

知的好奇心を満足させるとはこういう作品のことを言うのではないかと思ったりもする。

日本語、ストーリー、テーマの三拍子揃った作家って、そうはいないのではないだろうか?

Copyright©yama-a Jun.2012mark

目次へ 次作へ 前作へ