第19章 僕にとってネット上に書くとはどういうことか

今回はブログのほうに書いた文章を2編連結して、「書評・映画評(あるいは音楽評まで含めても構わない)試論」として、ここに再掲することにする。こういうことを時々やるのは、ブログの文章はどんどん下に流れて埋もれてしまい、一覧性が薄れてしまうからである。今後も時々そういうものを掬い上げて、目次のあるページに移し替えてやりたいと思う。

なお、このコーナーでは「僕」を主語にした「だ・である」調で概ね統一して書いてきたので、以下の文章も同じ形式に変更した上で、読みやすいように若干手を入れてある。

試される【2006年10月24日記】

大雑把に言って、HPを始めて5年半、ブログを始めて1年半が経って、最近つくづく「Web上に文章を発表することは試されることだ」と感じる。

ブログなどはCGM(Consumer Generated Media)と呼ばれて、とかく「個人が発信する場ができた」などと言われるが、発信する側からばかり見ないで少し視点を変えて見ると、それまで見ず知らずの人に試されることなどなかった個人が、他人の目に晒され、試されるようになったということである。

例えば映画を観て、小説を読んで記事を書くとする。映画を撮ったり小説を書いたりしている人たちは当然そのクリエイティヴィティが試されるわけだが、それを観たり読んだりして文章を書いている僕もまた、その読解力が、感性が、そして言うまでもなく表現力が試されているのである。

「試される」というのは別に「意地の悪い目で見られる」という意味ではない。

人間が他人と関係を取り結ぶとき、我々は自然と相手がどんな人間なのか、どんな反応をするのかを確かめながらコミュニケーションを進めて行く。そういう意味で言うと、つまり一挙手一投足が試されているのである。

だから僕は、仕事の時でも友だちづきあいの場面でも、自分がそれを言いたいかどうかではなく、その発言が相手にどういう効果を及ぼすかを念頭に置いて行動するようにしている。

「そんな窮屈な生き方はまっぴらだ。いつでもどこでも自分の言いたいことは素直に言えばいいじゃないか!」と言う人もいるだろう。それはそれで良いのである。

その人は周りの人によって「この人はいつどんな環境でも周囲に惑わされず自分の思ったことを虚心坦懐に語る。ある意味偉い」とか「いつもはあまり何も考えずにベラベラ喋っているのに、こういう時はちょっと尻込みしたりするんだなあ。なんか可愛いなあ」などと評価される──それも試されていることの一例である。

あるいは、人によっては「あいつは周りの状況も考えずにただ思ったことを言ってるだけのバカだ!」と言う人もいるだろう。それもそれで構わない。彼がそういう評価を下したことが今度は他人に試されることになるわけだから。

僕が「試される」という表現にマイナスのイメージを持っていないのは、僕自身が試されることを非常に面白くスリリングなことだと感じているからである。

未知の読者の前に晒されること──それは胸躍る力試しの瞬間なのだ。
表現するってそういうことではないだろうか?

偉そうなもの【2013年9月9日記】

このあいだ誰かのブログを読んでいたら、「自分は評論などという偉そうなものを書きたいわけではない。ただ、映画を観たので、その感想を書いておく」と書いてあった。

なるほど、そういう感じ方、考え方があるのか、と僕は大層驚いた。

僕が書きたいのは本を読んだり映画を観たりした感想などではない。僕が書きたいのは書評であり、映画評なのだ。

偉そうなものを書きたいと言うのではない。ただ、単なる感想から一歩も二歩も進めて、自分の作品として提示したいのである。

以前ブログに書いたように、僕は最近本を読んでも映画を観ても、自分の読解力や感性が試されているような気がしてならない。鑑賞という行為は、そんな風に作者と読者/観客のせめぎ合いなのだと思い始めている。

そのせめぎあいの中で研ぎ澄ました、整合性のとれた作品を、今度は自分が発表することによって、読む/観るという行為はやっと完結するような気がする。

そして、それを発表することによって、今度は僕の表現力も合せて問われることになる──それが近年の僕の心境である。

このことについては、みんながそうだとは思っていなかったが、反対するような人もいないのではないかと勝手に考えていたのである。ところが、「偉そうな評論を書きたいわけではない」と言われて、ちょっとひるんでしまった(笑) そして、「偉そうな評論など読みたくない」と言う人もきっといるのだろうなあ。

申し訳ない。まあ、でも、僕は今後もずっとこういうスタンスで書いて行くことにする。もし偉そうになっていたら、それは僕の本位ではないのでお許しいただきたい。

(この文章はブログ trivialities & realities からの転載です)

Copyright©yama-a Sep.2013mark

目次へ 次作へ 前作へ