第2章 社会性と作家性の差異

断っておくが、僕が読んだ宮部みゆき作品は「火車」「理由」「R.P.G.」の3作だけである。これだけ著作の多い作家だけに、「3冊読んだだけでそんなことを言い切るのはおかしい」という批判も来るだろう。

ただ、僕が前作「僕の読書遍歴、その周辺」を書く際に立てた基準(自分の本棚に3冊以上の本がある作家について書く)に照らして取り上げてみただけのことである。3作だけ読んだ人間の感想と割り切って読んでほしい。

さて、その宮部みゆきであるが、僕はどうしても高村薫と比較してしまう。厳密に言ってどうなのかは知らないが、僕の頭の中では両者は「ともに同じような時期に出てきたエンタテインメント系作家」という捉えられ方をしてしまっているのである。

そして、宮部みゆきと高村薫を比べてみると、そこには明らかな差異がある。宮部作品の登場人物は高村作品の登場人物ほど印象に残らないのである。

宮部みゆきはその時代に世の中で問題になった現象を小説に取り込むのが大変上手な作家である。彼女の目は常に社会を向いている。しかし、逆に言うと、彼女の小説ではまず社会があって、事件が起きる――そして、その事件を動かすために人物が配置されているようなところがある。

決して「人物の描き方が下手で、それが作品の阻害要因になっている」と言う訳ではない。ただ、人物の描き方が淡白なのである。例えば10代の少女であれば全く10代の少女らしく、50代の男性であればなるほど50代の男性らしく描けてはいるのだが、いかにも典型的で生身の印象がない。

人物を描く上での小道具のあしらい方など非常に巧い点もあるのだが、その人物の芯というか骨の部分まで到達していないような恨みが残るのである。

高村作品では事件が起きる前にまず人間がいる。非常によく練り込まれて設定された登場人物がまずあって、その登場人物がその本の中で事件を引き起こし、その登場人物たちが強烈な個性でもってストーリーを推し進めて行く感がある。

言うなれば、高村薫は古典的な意味で「作家」的であり、宮部みゆきの場合は作家というよりも「社会部記者」のような匂いがあるのである。

言い方を変えれば、対象は同じ人間でありながら、高村のほうは個人に根ざしており、宮部のほうは集団=社会に視点を据えてしまっている。

どちらが良いと思うかはもちろん読者個人の趣味である。
僕個人としては高村のほうを圧倒的に高く評価している。

言うまでもないが、僕には宮部のようにも高村のようにも優れた作品を書く能力はない。ただ、宮部作品を読んだ時には単純に「巧いなあ」と思うのに対して、高村作品を読んだ時にはまるで谷底に突き落とされたような絶望的な劣等感を覚えてしまうのである。

多分単純に楽しめる宮部みゆきのほうが精神衛生上は圧倒的に良いのだろうが・・・。

Copyright©yama-a Aug.2002mark

目次へ 次章へ 前章へ