第3章 読む前に嵌れ!

前シリーズ「僕の読書遍歴、その周辺」にも書いたように、僕は手当たり次第に読み漁るタイプではなく、気に入った作家を継続的に読んで行くほうなので、対象となる作家層は非常にゆっくりと拡大して行くことになる。

前シリーズを書き終えてから今シリーズを書き始めるまでの間に、僕の本棚において新たに確固たる地位を占めるようになった作家は恩田陸ただ一人である。この作家には嵌ってしまった。僕は鉱脈を見つけたような気分になった。

すでに bk1 に何篇かの書評を投じたので、読んで下さった方もあるかもしれない(以下かなり重複するがご容赦を)。

まず最初に書いておくことは、彼女は文章が巧いということである。
読んでいて「巧い」と感じさせる作家のことを「文章が巧い」と言う訳ではない。

確かに読んでいる途中で、語彙の豊富さを感じさせたり見事な比喩にぶつかったりすることはあるが、それは「文章が巧い」のではなく、その部分の「表現が巧い」のである。いくら部分的に巧い表現があっても、それを繋いだだけでは巧い文章にはならない。巧い文章はどちらかと言えば読んでいる最中には「巧い」と感じさせないものなのである。

例えば台詞回しにおいて、下手な作家が小説を書くと、往々にして登場人物よりも作者が語ってしまう傾向がある。状況を説明するために登場人物にむりやり喋らせたような台詞ができてしまう。そうすると逆にストーリーよりも作者の意図のほうが見えてしまう。
恩田陸の場合はそういう台詞がない。小説の中で、登場人物たちはちゃんと自分の口で喋っている。登場人物たちは自分の足で立ち上がって動いている。

そして、にもかかわらずそこには厳然とした恩田ワールドが現前するのである(つまらないしゃれでゴメンナサイ)。

僕は bk1 の書評に「恩田陸という作家は、嵌らなければ楽しめない作家なのである」と書いた。恩田ワールドは「知」の世界である。もっとベタな表現をすると「知的謎解きゲーム」である。

時々、知が勝ちすぎて、著者自身がいかに知的で聡明であるかをひけらかしているような印象を与えるところがある。言わば「知に働けば角が立つ」というところであるが、しかし、読み進んでゆくと、角が立つ寸前に「機知」を働かせてひらりとかわしている感じもする。このあたりがこの著者の魅力であり、我々が嵌る所以なのではないか?

彼女の「知」と競いながら、彼女の「機知」を楽しむ――それはとても優れたエンタテインメントなのである。

いくつか彼女の作品を読み重ねている中で、現時点で僕としての一番のお奨めは「黒と茶の幻想」である。「知に働けば角が立つ」ような点がほとんどないという意味でも完成度が高い。

この本は知的謎解きゲームとしての資質を問われる以前に、まず小説として登場人物が非常にしっかりと設定されており、4人のキャラクターが極めて綿密に描き分けられている。4人の登場人物を設定し終わった時点で、この小説は9割がた書き終えられたと言って良いのではないだろうか。

「黒と茶の幻想」は厳密な意味でのファンタジーでもなければミステリでもない。現在進行形の「事件」は何もなく、登場人物の会話と回想、そして森の描写が延々と続いて行くだけである。

そこにあるのは、4人の男女の心が動き、揺れ、痛み、そして再生するさまを丹念に追いかけた描写である。登場人物が四人四様でありながら、皆一様に、人生に対して肯定的な強さを持っているのに惹かれる。

最後に僕が bk1 に「図書室の海」の書評を投稿した際のタイトルを再度ここに記しておこう。

読む前に嵌れ!
そう、あなたは読む前に既に恩田ワールドに嵌っているのである。

Copyright©yama-a Sep.2002mark


恩田陸作品への書評(ブログ掲載分)

目次へindex 次章へnext 前章へprevious