第5章 もう読みたくない(その2)

前回に続いて1冊読んでやめてしまった作家について。
今回は貴志祐介の「黒い家」。

1冊読んでやめてしまったどころか、僕は読み終えたとたんに本をゴミ箱に叩きつけて投げ捨てた。「ええい、この忌々しい本め!」と叫んでもいた。できれば唾さえ吐きかけたかった。

これはそれほどクソ忌々しい本だ。
ただしメチャクチャ面白い!読み始めると止められない!見事に描けている!超一流のリアル・サイコ・サスペンスである!

しかし、読み終わった瞬間のこの後味の悪さ!
比類なき後味の悪さ!

如何に面白くともこれは反則技だと思うのである。プロレスで言えば凶器攻撃である。いや、プロレスの反則技はある程度お約束に則ったものであるが、この本の場合には全てのお約束から逸脱してしまっている。ひとことで言って人の倫を踏み外した作品なのである。

人間の心の奥底にある暗黒の部分を見事に描いている。確かにどんな人間にも暗く湿った部分はある。ただし、この暗黒がもしも誰の心にもあるのであれば、それではあまりに救いがない。

この話は巧く書けているが故に、決してひとりの異常者の話だとは思えない。自分とは関係のない遠くの出来事、架空の物語とは思えない。読み終えた瞬間に漆黒の奈落に突き落とされることになる。

こんな本を書いてはいけない。

これは僕ひとりの感想ではない。同時期にこの本を読んだ人が会社に何人かいたのだが、皆一様に「後味が悪すぎる」と言っていた。そのうちのひとりは僕と同じように読み終えてすぐ捨てたのだそうだ。ただ、残念なことに全員が「メチャクチャ面白かったけど…」と言い添えた。

面白くするために人の心から光明を奪い去るのは、本を書く上でのルール違反であると思う。

これだけ面白いと、次の作品も面白いに違いない。しかし、僕は固い決意で彼の作品を買うことを自らに禁じた。

後に映画化もされた。監督は、僕がデビュー作からファンになった森田芳光だった。主演は、僕がもっとも評価し尊敬する女優・大竹しのぶだった。それでもなんとか辛抱して見に行かなかった。

面白くなくても良い。僕はもう少し救いのある本を読みたい。

Copyright©yama-a Sep.2002mark

目次へ 次章へ 前章へ