第6章 もう読みたくない(その3)

田口ランディにはあんなに熱中していたのに全く読まなくなってしまった。ひとことで言って「飽きた」ということもあるが、それだけではない。僕はあの盗作事件に失望したのである。

盗作してはいけない。それは言うまでもないことである。しかし現実には、文学の世界でも音楽の世界でも「あれは盗作ではないか」と噂になったり、訴訟問題に発展したりすることがままある。

ただ、音楽における「盗作」と文学における盗作とではちょっと意味合いが違うのである。

僕も昔作曲が趣味だったのでよく解るのであるが、音楽の場合、出来上がったら結果的に盗作っぽかったということはよくある。

「ああ、良い曲ができた!」とひとり悦に入っていたのに、ふいに「あれっ? これはあの曲のこの部分と2小節にわたって殆ど同じだ」と気づくことがある。それが所謂サビの部分だったりするともう致命的である。そうなるともうその曲はボツにするしかない。良心を問われるのはボツにするかどうかであって、そういう曲を作ったかどうかではないのである。

何故なら作曲というのは頭にメロディを思い浮かべる作業であって、それがオリジナルに浮かんできたものか、それとも単に聞き覚えがあっただけのことなのかは、作曲している最中には判断がつかないのである。

作曲というのは有限個の音符の組合せであり、しかも音楽が音楽として成立するためにはそれなりの「縛り」も出てくるので、今まで誰もやらなかったような組合せで曲を作ることは不可能なのである。
その国や時代の流行ということまで考えると、どうしても似ている部分は出てきてしまう。

たとえ1曲という単位では盗作ではなくても、フレーズという単位では探せば似ている曲はどうしても出てくるし、もっと細かく切って1小節、いや1拍という単位で検討すれば、それは100%「盗作」なのである。

作曲家の筒美京平氏はよく「盗作」したとして槍玉に挙げられているが、あれは「盗作」ではなく「引用」なのであって、意識して楽しんでやっているのである。聴く人が聴けばそれが「盗作」なのか「引用」なのかは一目で(一耳で?)判る。

音楽の世界で「盗作」が「盗作」として問題になるのは、多くの場合作曲家が気がつかずにやってしまっていて、しかも許せる範囲を超えて似すぎているというケースなのである。

ところで、文学の場合は音楽のように無意識のうちに「盗作」してしまうというようなことはありえない。
文章に関して言えば(ごく短いものは別として)音楽のように自然に覚えてしまっているということはありえないのである。

従って何頁何行にもわたって他の書物とほぼ同じ文章が続いていたとしたら、それは「できてしまったら似ていた」という訳ではない。それは「よし、盗んでやろう」という悪意をもって書き写したものに他ならない。

田口ランディが「盗作」だと指摘された部分は何頁何行にも及んでいたはずである。
それ以来僕は彼女の小説を読む気が失せてしまったのである。

Copyright©yama-a Oct.2002mark

目次へ 次章へ 前章へ