第7章 構想の大きさと疲れ方の大きさ

ハリウッド版「ザ・リング」が公開され、その前宣伝も兼ねてTV(当然両作品に出資しているフジテレビ)で日本版の「リング」をやっていた。それを見ていて原作者の鈴木光司を思い出した。

前シリーズ「僕の読書遍歴、その周辺」では3冊以上読んだ作家を取り上げるという基準を設定していたのだが、どういう訳か鈴木光司が抜け落ちていたのだ。ひょっとしたらまだ「ループ」を読んでいる途中だったのか、あるいは「らせん」「リング」「ループ」は3つで1つの作品だという思いが無意識に働いたのか…。

いずれにしても僕が読んだのは上記3作品だけである。「シリーズものを読むとどうも他の作品を読む気にならない」という傾向は一般論としてあるのだが、これにはシリーズの最後のほうで被る「疲れ」が致命傷になるケースが多い。

前述の鈴木光司「R3部作」も「ループ」でどっと疲れが出る。

他の例で言えば、荒俣宏の「帝都物語」も最後のほうで舞台が現代に移り、コンピュータを駆使して妖怪と戦うに至って、「そんなアホな」という気がしてくる。高橋克彦の「竜の柩」も大変よく練られた構想だが、さすがに4冊目まで来ると、着想が「飛びすぎている」ような気がする。

そう言えば、高橋克彦も3冊以上読んでいる作家なのに取り上げるのを忘れていた。この人の作品では初期の短編集「私の骨」が一番シュールで怖かったなあと思う。それは構想が大きすぎない分描写が丹念にできているからではないかと思う。

話を元に戻そう。

「R3部作」についても「らせん」「リング」までは良かったのだが、「ループ」に至って「おいおい、そこまで行ってしまうか」という気がしてくる。「帝都物語」「竜の柩」の場合もそうなのだが、終盤に「超自然」が「科学」に転じるところが読者にとっての関所になってしまう。

「ループ」に関して言えば、確かによくここまで考えたなあという気はする。細かい描写も、ストーリーのうねらせ方についても、「帝都物語」「竜の柩」よりはるかに精緻である。

しかし、やっぱり最後まで読むとなんだか「疲れ」が出てしまうのである。

ところで、原作では「らせん」の主人公・浅川と高山はともに男性で、高校時代の同級生である。ところが、映画化されるに当たって、浅川は女性になり、しかも高山の元妻という設定に変えられている(日本版の映画では松島菜々子と真田広之)。

映画化に当たって加えられた変更は往々にして原作に及ばないものであるが、この変更だけは作品の幅を広げドラマとしての展開を優位にしたような気がする。

必要なのは構想の大きさではなく、(極めてベタな言い方だが)人間ドラマであるような気もするのである。

Copyright©yama-a Nov.2002mark

目次へ 次章へ 前章へ