第9章 現代へのナルシズム

僕は普段歴史小説を読まない。

そういう書き出しで始めると、「しかし、たまたま機会があって○○を読んだら非常に良かった」「歴史小説にもこんなものがあるのかと驚いた」などと続きそうなものだが、そもそも機会がないので、そういう結論にはたどり着かないのである。

「機会がない」というのは実はちょっと違って、機会を作らない、と言うか、「そんな暇があれば現代を舞台にした小説を読みたい」というのが本音だ。

歴史小説については「単に読む気にならない」というのが極めて正確な表現であると思うのだが、少し解説的に理屈をこねるとすれば以下のようなところだろうか。

歴史的な時代を背景とした小説には僕自身は却々入り込めない。何故なら自分が今生きている時代背景と異なるから。って随分当たり前のこと書いているが、僕は自分と同時代の物語を読みたいのだ。過ぎ去ってしまった時代は僕が共感を持てる時代ではないように思う。

平たく言えば、歴史小説を共感を持って読み通す自信がないのである。

ほとんど読んだこともないのにこんなことを言うのはおこがましいが、聞いた話によると、時代小説の中には、時代背景だけ過去で登場人物の気質や考え方はまるで現代人というような作品があるそうだ。わざわざそんなものを読むくらいなら現代における現代人の物語を読みたいと思う。

「かつての武将たちの、危機に臨んでの対処の仕方などを知ると現代の暮らしにも役立つ」などと言う人もいるが、僕は教訓を求めて本を読む気はさらさらない。

歴史小説と言うものは、著者がつまみ食いした史実の合間を豊かな想像力で繋ぎ合わせて作ったものである。つまり、歴史小説作家というのは見てきたような嘘がつける人たちなのである。で、ここから先はまさにメディア・リテラシーの問題になってくるのだが、歴史小説作家が嘘をつくのはちっとも悪くない。彼らは小説家なのだから。

問題は読むほうがそれを全て史実であると勘違いすることである。そんな読者がいる訳がないと言われるだろうが、「ここは史実」「ここは想像」「これは大胆な仮説」といちいち注釈がついているものでもあるまいから、読むほうは注意を要するのではないか。楽しんで読むなら良いが、もし本当に歴史を知りたければ古典を読むべきなのである。

さて、では僕が古典を読むかどうか?
歴史小説と同じ理由で、僕は古典より現代小説を優先する。ただし、歴史小説よりは読む。古典は昔の時代に昔の人が書いた書物である。つまりそれは同時代人の記述なのである。だから、時代小説よりは信用がおける気がする。

以上は最初に述べたとおり「解説的に理屈をこねて」みたまでのことで、実際には「あまり読む気がしないから読まない」に過ぎない。

ただ、同じような気分で、僕はTVであれ映画であれ時代劇は見ない。
ベストセラーであろうと直木賞受賞作であろうと歴史小説は読む気にならないように、キネ旬1位であれ黒沢明であれ、時代劇を見る気にはならないのである。

それほど僕は自分の生きている時代が好きなのかもしれない。
それは一種のナルシズムなのかもしれないが、生きる活力であるような気もする。

Copyright©yama-a Jan.2003mark

目次へ 次章へ 前章へ