第10章 「センセイの鞄」ふたたび

川上弘美の「センセイの鞄」がWOWOWでドラマ化された。

小説と映画の関係については以前書いたことがあるが、「センセイの鞄」については僕が初めて書評を認めて bk1 に掲載された思い出深い作品なのでもう少し触れてみたい。

演出は久世光彦氏である。この人については、僕は「時間ですよ」や「寺内貫太郎一家」をやってた頃のほうが好きで、近年は少し高尚になりすぎたような気がする。しかし、まあドラマ界の大家であることは言うまでもない。

そして、その久世氏が選んだキャストが小泉今日子と柄本明なのである。「おいおい、それは違うだろう!」という気がした。僕が描いていたイメージは、ツキコ役は(役者ではないけれど)元・ビックリハウス編集長の高橋章子、センセイ役は中村伸郎だった。小泉今日子ではきれいに収まりすぎるし、柄本明では強靭すぎる。

しかし、久世氏本人のコメントによると、2人ともイメージどおりのキャストなのだそうである。

僕の経験では、このように制作者と観客のイメージがかけ離れてしまうことは意外に少ない。今まで原作を読んだ上でドラマを見た作品は数あるけれど、「おいおい、それは違うだろう!」とまで感じた例は1つしか思い出せない。

それは「青春の門」だった。

最初にTBS系でテレビドラマ化された時には、主人公信介の母役は小川真由美だった。それが映画化された時には吉永小百合になった。この時ばかりは「ちょっと、それはないでしょう!」と思った。当時僕は高校生で、同じように「青春の門」を読んでいるクラスメイトが何人かいたが、期せずして「おいおい、それは違うだろう!」の大合唱になったのを覚えている。実際映画を見たけれど、やはり違和感が強かった。

そして、小泉今日子・柄本明に対する違和感というのはそれ以来のことである。

もちろん、キャスティングというのは観客動員(あるいは視聴率)に大きく影響するものだから、原作に近いかどうかというファクターだけでは決めきれないだろう。僕はツキコという女性に対してあまりきれいな人という印象を持っていなかったのだが、魅力的な女優にしないと誰も観てくれないのは言うまでもないし、「小泉今日子がやれば話題になるだろう」という意識が働くのも解る気がする(ただし、「吉永小百合がタエ役なら話題になるだろう」と考えるのはやりすぎだ)。

川上弘美という人の顔も知らなかったのだが、WOWOWの広報誌に載っていた写真で見るとつるんとした美人だし、仮にツキコがかなりのブスだったとしても、ブスの女優を捜すのは難しいだろうから、まあ小泉でも良いかという気にはなってきた。

問題は柄本明である。いくらなんでも魁偉すぎないか?

──そんなことを考えながらテレビを見てみた。で、見てみたら意外に違和感がない。
小泉今日子はなかなかの好演であるし、なんと言っても柄本明は怪優である。どんな役でもこなしてしまう。実年齢よりはかなり上の役柄を、いかにもそれらしく、アクの強さを薄めて枯れた演技をしている。

うーん、こうまで完璧にやられてしまうと、やはり久世光彦の実力と言わざるを得ない、脱帽だ、などと感じ入っていたのだが、「待てよ」とはたと気づいた。

確かに柄本明の演技力や久世光彦の演出力という面は否定できないにしても、これは本源的には原作の、ひいては川上弘美の持つ力強さなのではないだろうか、と。

僕と久世氏との間には、小泉や柄本にこの役が務まるかどうかについての感覚の違いがあった。しかし、できあがって来た作品については全く同じイメージの中に納まっている。そして、そのイメージは他ならぬ原作が設定した世界なのである。川上弘美の筆力が、僕も久世氏も俳優たちも、いろんな感性のいろんな人たちを結局単一のイメージに収束させているのである。

そう考えると、これは恐ろしい作品であり、恐ろしい作家である。

第4章では「もう読みたくない」と書いたけれど、多分僕はいつかまた彼女の作品を読むことになるだろうと思った。

Copyright©yama-a Mar.2003mark

目次へ 次章へ 前章へ