第13章 同工異曲の優しさ

僕の本棚に北村薫の本が「スキップ」「ターン」「リセット」と3冊揃ったのでこれらについて書くことにする。もっとも、この3冊以外は読んだことがなくて、しかもこれらは3つまとめて≪時と人≫3部作というシリーズなので、これではとても北村薫論とは言えないだろうが・・・。

この連載を始めるに当たって「3冊以上読んだ作家について取り上げる」と決めたのだが、そのルールに反しているわけではないので、まあ良いとしよう。ただし、いつものことながら、僕は読んだものをすぐに忘れてしまうのである。

この3冊について言えば、一番最近に読んだ「リセット」のことはまだおぼろげながら憶えているが、前の2冊についてはほとんど記憶がない。「ターン」なんか、一度読んだことを忘れて2冊も買ってしまったくらいだ。はて、こんなことで書けるのだろうか?

しかし、その本が良かったか悪かったかについては忘れはしない。そういう意味では、これらの本は3冊とも「良かった」。とにかくシリーズものが好きな僕であるとは言っても、3冊通して読んだのは、やはり出来が良かったからである。

ところでこの3冊であるが、バサッと斬ってしまうような言い方をすれば「同工異曲」である。3つとも非常に良く似ている。いずれも「時のねじれ」によって起きた不思議な現象と、その当事者を巡る家族との交流を描いている。ストーリーはそれぞれに工夫があって飽きさせないが、トーンは見事に同じなのである。

僕は最初名前だけを見て、北村薫という作家は女性であると信じていた。本屋で「スキップ」を手に取って買おうかなとした時に、ふと扉に載っている著者の写真を見てびっくりした──オッサンではないか!

確かに「薫」という名前は女性とは限らない。元々は男性の名前であったとも聞く。ただ、この筆致はいかにも女性なのである。「スキップ」を本屋でパラパラ立ち読みした時も女性と信じて疑わなかった。

こういう感じ方は旧い女性観に基づいていると言われても仕方がないが、北村の織り成す作品はしっとりとして、とても丹精で、いかにも女性らしい落ち着きがある。この3部作について言えば、仕事や野心ではなく、家族や愛がテーマであるところが、いかにも女性が書きそうな感じがするのである。

ミステリっぽい筋運びでありながら、それが前面に出ていない。現実にはありそうもない不思議なことが起こっているのに、それをあまり感じさせない。「時のねじれ」は言わばきっかけでしかなく、一旦起こってしまった後はしっかりと背景に沈み込んでしまっているのである。

北村薫の造形による人物はいずれも優しい。気立てが優しいというのとはちょっと違って、読んでいる我々にとって優しいのである。落ち着いて人生に(そして普通の人生では考えられないような不思議な出来事に)対処する姿にとても好感が持てるのである。

これはこの作家の揺るぎない力量によるものだと思う。淀みなく読ませてくれる気持ちの良い文章である。同じようなストーリーの本はたくさんあるが、これだけ気持ちよく読ませてくれる作家は他にはないのではないだろうか。

Copyright©yama-a Jul.2003mark

目次へ 次章へ 前章へ