第14章 劣情を催す

前章に続いて、3冊になったと言えば花村萬月もそうだ。

読んだのは、順に「吉祥寺幸荘物語」、「二進法の犬」、「惜春」である。これが花村の代表作かと言えば多分そんなことはないのだろう。だから、今回の文章もまた花村萬月論としては不充分なものだろうとは思う。

ただ、この順番で読んだからこそ、僕は花村の本を3冊読了できたのだと思う。

1冊目の「吉祥寺幸荘物語」はありがちな青春物語ではあったが、とても爽やかで惹かれるものがあった。それで、もう少し長いものを読んでみたくなって「二進法の犬」を買った。これは新種のヤクザ映画みたいなフィクションだった。堪能した反面飽きもして、再び「惜春」という青春ものに戻った訳である。

僕は2002年の2月ごろから、一部の実用書は除いて、読んだ本の全ての書評を bk1 に投稿している(そして、掲載されている)。花村の3冊についても同様である。そこでしつこく書いているのだが、僕が花村萬月について特筆したいのは、彼のセックス描写である。

彼のセックス描写は卓越していると思う。よく風俗産業を描くのも特徴のようだ。そのこと自体は決して目新しいことではない。しかし、描かれたものを読んでいるだけで気持ちよくなってきそうな、まさに劣情を催す出来なのである。

僕が書評に「劣情を催す」と書いたのを引用したつもりで、「yama-a が『欲情する』と評した花村萬月」と書いた人がいたのだが、「劣情を催す」と「欲情する」とは全然違う。「劣情」というのは「欲情」とか「発情」とかいう身も蓋もないストレートな表現とは大いに異なるのである。

劣情というのは劣った感情である。性の衝動を感じるのは劣ったことだというニュアンスがある。それは恐らく偏見なのだろう。しかし、その偏見ゆえにそれを抑制しようという意識が働き、そしてその意識のために却って性欲は高まるのである。

劣った感情というのは恥ずかしいという気持ちである。
恥じらいは塩だ。塩が多すぎては食えたもんじゃないけれど、逆に塩が足りないととても味気ない。 適度な恥じらいが性の衝動を極度に高めるのだ。

ここで恥じらいと言っているのは、小説における登場人物の感情ではない。花村の小説を読んでいると、我々読者のほうが恥ずかしくなってくるのである。でも、読みたい。理性に抗いながら(とまで言うとちょっと大げさか?)読み進んで劣情を催すのである。

しかし、彼の性描写を例えばウーマンリブの女性が読めば「男性中心の性意識に凝り固まっている」などと激怒するのではないかと思う。確かに男性にとって都合が良すぎる感はある。でも、だからこそ男にとっての憧れ。で、劣情を催す。──仕方がないっしょ。

花村萬月について性描写のことだけを書くのはいかにも矮小化しているのかもしれない。
しかし、どうせ不完全な花村萬月論に終わるのならば、今回は余計なことは書かずにこれで終わることにしようと思う。彼の性描写の能力を評価するだけで、彼の魅力の半分以上に言及できているのではないかという気もするからである。

いやあ、下手なポルノよりは良いよ、ホントに。

Copyright©yama-a Aug.2003mark

目次へ 次章へ 前章へ