終章 提言:「日本小説大賞」

ふと思ったのだが、どうして小説には「レコード大賞」のようなものがないのだろうか?

アメリカでは映画には「アカデミー賞」、音楽には「グラミー賞」、本には「全米図書賞」がある。

日本でも映画には「日本アカデミー賞」(僕はこの賞をまともに評価していないけど)、音楽には「日本レコード大賞」があるのに、小説にはでかい賞がないのである(ちなみにイギリスには「ブッカー賞」がある)。

小説で有名な賞といえば「芥川賞」と「直木賞」があるが、これらはいずれも新人が対象なのであって(とは言いながら、「どこが新人やねん!」と言いたくなる人が受賞することもないではないが)、つまるところ新人賞にすぎない。言わば大きな賞の1部門の値打ちしかないのである。

もちろん芥川賞・直木賞以外にも文学賞はたくさんあって、例えば、読売文学賞とか野間文芸賞、三島由紀夫賞、平林たい子賞、谷崎潤一郎賞、泉鏡花文学賞、吉川英治文学賞、日本推理作家協会賞、江戸川乱歩賞、メフィスト賞、日本SF大賞など枚挙に暇がないが、いずれも小粒なのである。

そこで提言である:「日本小説大賞」を創設してはどうだろうか?

「日本小説大賞」だなんて、そんな、純文学も通俗小説もミステリもいっしょくたにして賞を出そうというのはあまりに乱暴ではないか──などと言う人がいるかもしれないが、何を小さいこと言ってるんですか、アメリカなんて「全米図書賞」ですよ。全米の図書が対象になった賞なんですよ。

もちろん全米図書賞は小説・詩・ノンフィクション・児童文学の4部門に分かれている訳で、「日本小説大賞」だって、必要に応じて分ければ良い。しかし、僕としては最後にあらゆる部門の受賞作の中からただ1作だけ「日本小説大賞」を選んでほしいのである。

そんなたくさんの小説を審査員が読み切るのは無理だ──そう言われればそうなのであるが、ま、しかし、アカデミー賞にしてもグラミー賞にしても、あるいは日本の「キネマ旬報ベスト10」みたいな賞にしても、市場に出た全作品を観たり聴いたり読んだりしている審査員はひとりもいないだろう。評判になった作品だけ審査すれば良いではないか。所詮そんなものなのである。

中には「ワシの作品が大衆小説などと同列に審査されるのは許しがたい」なんて難しいことをおっしゃる巨匠・文豪のセンセイもいらっしゃるだろうが、そんなこと気にしないで選べば良い。気に入らなければ受賞をご辞退いただければ良いのである。

そもそも賞なんて話題づくりに過ぎない。そのことを一番良く解っているのは観客・聴衆・読者であり、解っていないのは賞の創設者・審査員・受賞候補者のほうである。

「この映画はアカデミー作品賞を受賞したから、今年一番出来の良い映画なんだ」と思って観に行くだろうか?(ま、そういう人もいるにはいるが) 「僕はこの映画よりあっちのほうが好き」「これはアカデミー賞を獲ったけど、はっきり言ってあっちの映画のほうが出来が良い」なんて言いながら映画を観ているのではないか?

「レコード大賞はあゆだったけど私はELTのほうが好き」なんて言いながら、好きなCDを買っているのではないだろうか?(もっとも中には「何で大賞は浜崎あゆみでELTじゃないんだ!」なんて激怒する人もいるにはいるが)

「何をおいてもまず、ノーベル文学賞を受賞した川端康成と大江健三郎を読まなくちゃ」などと考える人がいるだろうか?

みんな好き勝手に楽しんでいるのであり、それで良いのである。先ほども書いたように、賞は話題づくりなのである。

楽しいではないか、「村上春樹3度目の受賞なるか」(ちなみにフィリップ・ロスは全米図書賞を2度受賞している)とか、「これまで審査員に嫌われ続けていた村上龍が、苦節10年、初めての受賞なるか」とか、「高村薫がミステリ出身で初の大賞受賞か」とか、「丸谷才一が最高齢受賞記録を塗り替えるか」とか「綿矢りさが最年少で受賞か」などの下馬評があって、素人が勝手な予想を語って、「受賞したら原稿料が10倍になる」なんて噂が流れて、場合によっては出版社や著者自身の裏工作があって、「あんなものが受賞するなら辞める」と激怒する審査員がいて・・・。

そういうことを経て受賞者が決まる。で、話題になる。で、本が売れる。

そう、本が売れるための方策なのだ。売れるための方策としては、映画や音楽の賞より効果が高いのではないだろうか?

本はまず売れなければならないのである。
出版関係者の皆さん、一度本気で検討してみては?


さて、前回予告したように、一応今回をもってこのシリーズは終わりである。暫くの間「読み溜め」をして、シリーズ3部作の完結編に取り掛かりたいのだが、最近頭痛に悩まされて本を読むスピードが落ちているのでいつになることかは判らない。奇特なファンの皆様方(と言うほど多数ではないのだが)には根気よくお待ちいただくようお願いする次第である。

なお、この章の文章はオンラインマガジン Journal-izm に掲載されたものとほぼ同じである。

Copyright©yama-a Nov.2003mark

目次へ 次章へ 前章へ