付録 本を売る

音楽コラムの欄で「レコードを売る」「ギターを売る」という2つの記事を書いたので、その姉妹編として「本を売る」という一文を認めてみた。

僕は従来、本は売らずに捨ててきた。

一番最初に書いたように、「本は本棚一杯分だけ所有する」というのが僕のモットーだから、ダブついてきた本については捨てるか売るか、あるいは寄贈するくらいしか手がないのである。

今まで売ったり寄贈したりして来なかったのは、第一に面倒だからである。寄贈しないのは、欲しがっている人を捜すのが面倒であるし、欲しがっているかどうか確かめずに差し上げるのも如何なものか、という慮りである。

そして、本を売りに行くとなると、これまた面倒である。レコードやCDを売りに行くよりずっと面倒なのである。それは、本はレコードやCDよりずっと重くて嵩張るからである。

LP30枚やCD30枚なら、これはまあ携えて出かける気にもなる。しかし、本30冊となると却々持ち運ぶ気にならない。その大きな原因は、本は1冊ごとに形状が異なるという点だ。

1冊ごとに形状が異なるから、それを30冊束ねようとするとかなり嵩張るのである。本やCDであれば30枚であろうが40枚であろうが、だいたい市販の紙袋にすっぽり納まってくれるのである。詰めるのに苦労はない。しかし、本30冊だと紙袋の中で2段になって、しかもそれぞれの高さが異なるので中でガタガタするのである。かと言って、横積みにして紐で縛って持ち歩く気にはならないのである。

そういう訳で、僕は今まで本を売って来なかった。

ところが、先日初めて本を売ってみた。売った相手はeBOOKOFF(イーブックオフ)である。

これが却々便利である。ダンボールに詰めて本を送れば良いのである。「こういう本は買えません」とか「こういう風に詰めてください」とか、結構うるさいことを指示されはするが、ウェブ上で申し込んでおけば宅配便のお兄さんが引き取りに来てくれて、暫くすると査定額の連絡が来て、暫くすると自分の口座に買取り代金が振り込まれてくる。

今回初めて利用してみた成果は、58冊で3,770円だった。新しい本が1冊か2冊は買える金なので、捨てることを思えば上出来である。

さて、皆さんもきっとそうすると思うのだが、僕は割り算をしてみた。3770÷58=65
なんと、割り切れるのである! この割り切れるところが、僕としては何となく割り切れない気分である。

まさか、一律65円じゃないでしょうね。それだと何だか本が浮ばれない気がする。いや、ちゃんと査定しているはずだ。0円(つまり買取り価値ゼロ)の本もあれば、よく解らんが、多分300円ぐらいの本もあったのではないだろうか。そして、58冊の値段の積算合計から何らかの共通経費(例えば着払いの宅配便代とか)を引いた結果、たまたま58で割り切れる数字になったのだ──僕はそう考えたい。

とんでもなく的外れな査定をされていたとしても、それはそれで構わない。本を見て独自の価値判断をできないような相手には、できれば本を売ったりしたくはないものだ。

僕とは全然違う価値判断、僕とは正反対の価値判断がなされて本に値段がついたのであっても、それはそれで良いのである。

本を選ぶというのは基本的にそういう行為であるのだから。

Copyright©yama-a Dec.2003mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次章へ 前章へ