番外編 66分の1の共著

本が出ます。「私の著書です」と言うのはおこがましくて、かといって「共著です」と言うのもちと気が引けます。なにせ執筆者が66人もいるんですから。

『熱い書評から親しむ感動の名著』というタイトルで2004年4月12日にすばる舎から発売される予定です。これはすばる舎の依田さんという編集者が、bk1 に書評を寄せている何人かに声をかけて、(何人に声をかけたかは知りませんが)そのうちの66人が執筆に応じたものです。

この本は名指しこそしていませんが、どうも『あらすじで読む日本の名著』と『あらすじで読む世界の名著』という2冊のベストセラーへの対抗意識から企画されたみたいです。

私個人としては「熱い書評」などと呼ばれるのはやや不満でありまして、カッコつけたいのであれば「クールな書評」くらいで、逆に徹底的にベタに行くなら「暑苦しい書評」とでもしてほしかったものです。いずれにせよ『あらすじで読む…』については私自身も「そんなもん読んでどうするの?」と思っていたので、趣旨に賛同して書き下ろした次第です。

私は今までに文章を書いてお金をもらったことはありますが、お金をもらって文章を書くのは初めての試みとなりました。いや、お金ったって大金ではありません。普通なら1人の著者がもらう原稿料を66人で分け合うと考えれば、金額は推して知るべしでしょう。

この本は bk1 に掲載された書評を集めたものではなく、66人全員が新たに書き下ろしたか、あるいは以前の書評に大幅加筆修正したものを集めています。bk1 のページでようやく取り扱った書物と書評者の名前が公開されましたが、「あ、やっぱりあの人も名を連ねている。おや、この人はこんな本を選んだか。おっ、この本を選んだ人もいるのか」と今から楽しみです。

私のパートはたった今最終校正を終えたばかりです。どの本を取り上げるかについてはあまり制約がなかったのですが、いずれにしても他の著者との重複を避けて独自性を出したかったので、考えた挙句W・P・キンセラを取り上げることにしました。2400字という制限は、脳内で書きたいことが溢れんばかりになっている私にとってはかなりきつくて、「せめてこの倍の分量があれば」と悔しい思いで筆を置きました。

書評というのは基本的に本の宣伝の一端を担うものだと私は考えています。私の書評を読んで「この本買ってみようかな」と思ってくれる人が1人でも増えればいいなと、そんなことを考えながら書いてきました。

だから「この本はひどい。読んではいけない」みたいなことは書きません(1冊だけレトリックとしてそういう表現を使いましたが…)。まずいところを指摘したり、内容をちょっと批判してみたりもしますが、それはあくまで私がそう感じたということであって、他人もそう感じるだろう、感じてほしいなんて気は毛頭ありません。だから、部分的に貶しているように見えても、常にその本の良い点を見つけ出してそれを書き出しているつもりです。

私があーでもないこーでもないと書いているのを読んで、何かしら引っ掛かりを覚えてくれれば、そしてその本を買ってくれればいいなあというのが本意です。どう頑張ってもそういう感じの書評を書けないような本に出くわした時には、その本については書評を投稿しません。

本の売上げに少しでも貢献することが私のモットーなのです。本はまず売れなければなりません(あるいは読まれなければなりません)──それが本に関する第1の原則です。


【追記】

ところで、前述の、『あらすじで読む…』という本は随分売れたわけですが、一体どうしてこんな本を出そうと考えたのか私にはさっぱり解りません。

買う人がいるという事実は、まあそれはそれでよし。そんなにたくさん買う人がいるということについては俄かに信じがたい気もしますが、それもそれでよし。

よく解らないのは本を出版したほうです。どうしてこんな本を出版しようと思ったのでしょう? 「これは売れる!」と読み切って出したのでしょうか? もしそうであるとすれば、私はそのマーケティング感覚を素直に賞賛します。私にはとても「売れる」とは予想できませんでしたから(これは皮肉でもなんでもありません)。

いや、問題は本を売り出した人ではなく、本を書いた人です。書いた人も「これは売れる!」と見事に読み切ったのでしょうか? それならそれで、それも評価します。でも、それだけで書いたのでしょうか? それだけで書いたのであれば解ります。でも、著者が少しでも「こういう本を読んでほしい」と思っていたとすれば、その点だけはどうしても私には理解できません。あらすじなんか読ませてどうするの?

え? 「やっぱり貶してるじゃないか」って? いや、私はこの本を読まずに書いているので、この文章は書評ではないのです。本は読まなくても貶すことはできるが、実際に読まない限り決して褒めることはできない──これが本に関する第2の原則です。

今後も読んで褒めて行きたいと思っています。

Copyright©yama-a Mar.2004mark


【追々記】

で、例によって、『熱い書評から親しむ感動の名著』についても bk1 に書評を投稿しました。

5月9日現在、この書評欄には僕以外に10人の方が書評を投じておられます(多分、そのほとんどがこの本の著者のひとりだと思います)。

非常に不思議なのは、その10人の書評が全部一般論であって具体論ではないということです。ここには66人の書評が収められている訳だから、そのうちの誰の書評が面白いとか、この人がこんなこと書いているとか、そういうことに触れているのは僕だけなのです。

僕以外の人の書評には、読書とはどういうものだとか、書評を書くとはどういうことだとか、オンライン書評が書評を変えるとか、そういうお題目みたいなことばかりが並んでいるのです。これは何故なのでしょう?

そんな抽象的なことばかり書くのは、まるでプロ野球チームの今年のスローガンを褒めるようなもので、ちっとも本質に迫っていないような気がするのですが…。

自分も著者のひとりであるという遠慮なのでしょうか?
いや、僕だって別にズケズケと他人の書評を貶している訳ではないし、他の著者の書評を批判せよと言いたいのでもありません。ただ、たくさんある中でこの人の文章が素晴らしいとか、この人がこんなことを書いているのが気に入ったとか、こう書いてあるのを読んでこう思ったとか、そういう記述があるのが当たり前じゃないですか?

66人の著者全てを平等に扱うために名指しするのを避けているのでしょうか?
いや、それではこの書評の読者に対して、この本の面白さを伝えることはできないのではないでしょうか? 面白さというのは具体論であるはずです。

僕は特に面白いと思った人を何人か取り上げました。
取り上げなかった人の書評は出来が悪かったなんて言う気はありません。かなり面白い文章が並んでいます。でも、その全員について書いていては制限字数を超えています。また、66人の書評全部が面白かったかと言えばそうではありませんが、それは当たり前のことだし、僕が面白くないからといって程度の低い書評だと認定された訳でもありません。

いずれにしても、僕は自分が感心しなかった書評については一切取り上げていない訳だし、気に入ったものをいくつか紹介して、その具体的な面白さを伝えようとしたのです(もちろん自分のパートについては触れていませんが…)。

アマチュアが書いたとか、インターネットから生まれたとか、そういうことに価値があるとは僕はちっとも思いません。そういうことに加えて、書いてある文章が面白い、興味を引く、新たな視点がある、というようなことがあって初めて、この本を成り立たせたバックグラウンドが話題に上るのだと思うのです。

だから僕は枠組みのことは書かずに中身のことについて書きました。好きな書評家を何人か名指しして、その人たちの光る個性や巧みな文章力をいくつか紹介することによって、この本の面白さを具体的に伝えようとしたのです。

書評って、そういう使命を担っているのではないでしょうか?

Copyright©yama-a May.2004mark

目次へ 次章へ 前章へ

【註記】 この本はオンライン書店 bk1 の企画で出版された本なので、そのページヘのリンクがあっても良さそうなものですが、すでに bk1 というサイトが存在しないこともありますし、bk1 が honto に変わるときにひどい目に遭ったということもあり、最初は確かに文中何箇所かにあったリンクを、改修の際に全部外しました。悪しからずご了承ください。(2014年9月記)